Read Article

Uターン退職理由と志望動機をずばり徹底解説!

地元に帰りたくてUターンを検討している方の退職理由と志望動機を解説しました。退職理由はそれほど深く伝える必要はありません。転職するという旨を伝えればよいでしょう。ただ、志望動機は重要になってきます。ポイントをおさえて転職成功しましょう。

やはり地元って良いですよね。地元に帰りたいという気持ちも分かります。一度、東京に上京しても数年経って地元に帰る方も多いようです。東京で働いてみて、地元の良さを再確認するのでしょう。

東京の毎日の通勤は大変ですからね。満員電車は苦痛でしかなかったです。というのも、私もUターンしています。私の経験も踏まえて、退職理由や志望動機を徹底解説します。

 

Uターンするときの退職理由

Uターンすることを詳しく伝える必要はありません。転職する旨を伝えるだけで十分です。ただ、Uターンするとなると、なかなか同僚と会うことはできなくなります。そこで、親しい同僚には地元に帰ることを伝えておくと良いでしょう。

Uターンすることは別に悪い印象を与えないですが、転職する旨を伝えるだけで十分だと考えられます。

 

Uターン志望動機の書き方

地元に関する知識や経験を通じて、会社のためにどのような貢献ができるかを伝えましょう。あらかじめホームページを閲覧しておいて、その会社にあなたを欲しいと思わせる要素をアピールする必要があります。

例えば、志望動機はこのようなものが考えられるでしょう。

「自身の成長だけでなく、生まれ育った地元を元気にしたいという想いがあり、Uターンしました。御社であれば〇〇をすることもでき、結果として地域を元気にすることに繋がると考えています。今まで培ってきた営業スキルは、御社に売上の面で貢献できると考えています。熱心さでは誰にも負けません。よろしくお願いいたします。」という志望動機が一般的です。

「御社にこういったところで貢献することができます。」というアピールの仕方をします。会社にとって必要な人材かどうかを判断されます。稀に「弊社の社長にも負けないポイントはありますか。」という質問をされたりします。とっさには答えにくい質問なのであらかじめ準備しておきましょう。

 

NGなUターン志望理由

NGなUターンの志望理由があります。

  • ホームページをみて地元を働きたいという気持ちが強くなりました
  • 御社の経営理念に共感しました
  • 御社で勉強して学びたいです
  • 東京で培ったスキルを地元でなら活かせると思います
  • 家が近くなるので自分に投資する時間が増えると考えたためです

自分本位の志望理由ではいけません。意外に思われるかもしれませんが、経営理念に共感したという志望理由は聞き慣れているため、面接官の心に残りません。印象に残らない志望動機は望ましくありません。

 

Uターンしたい理由を聞かれた場合

Uターンしたい理由を聞かれた場合はこのように答えましょう。

  • 自分に合った生活スタイルがしたいから
  • 家庭の事情(親の介護など)
  • 勤めていた会社に不満があるから
  • 地元の方が生活環境が充実するから
  • 地元の方が経済的に楽だから

正直に答えて良いと思います。特に家庭の事情があるのならば勇気がいるかもしれませんが、あらかじめ会社に伝えておいた方が良いと思います。入社してからトラブルが起こってほうが大変なことになります。親の介護があって定時で帰社しなければいけないなど理由があるのならば、面接時に伝えておきましょう。

 

まとめ

退職理由については、それほど深く考える必要はありません。理由は、一身上の都合で問題ないでしょう。人事には、Uターンすることを伝えなくて良いでしょう。

ポイントは、地元に帰って転職先を見つけることです。志望動機が重要になってきます。NGなUターン志望理由もありましたね。これは言わないように気をつけましょう。

「御社にこういったところで貢献することができます。」というアピールの仕方をします。転職者では即戦力を求められます。自分がもっているスキルを十分に活かしましょう。

Return Top