Read Article

【キャリコンが教える】”活発性”の資質を持っているあなたへのアドバイス(ストレングスファインダー)

【キャリコンが教える】”活発性”の資質を持っているあなたへのアドバイス(ストレングスファインダー)

”活発性”というと、聞き慣れた言葉のように感じますが、実際にこのような「資質」を持っている方ではどのような特徴があるのでしょうか。今回は、ストレングスファインダーの「34の資質」に含まれている、”活発性”の特徴についてお伝えしていくのに加えて、キャリアコンサルタントの視点からみたアドバイスをしていきます。

是非、参考にしてください。(まずは、活発性の資質を持つ方の実体験をご覧ください。)

 

 

 

「活発性」を資質に持っている人の特徴とは?

活発性の資質を持つ方を一言で表すと、「アイデアを形に変える人」です。

「活発性」という資質を持っているあなたは、アイデアを実行に移すことにより、成果を出すことができます。なにか思い立ったときには、じっとしていることはできず行動を起こします。例えそれが、少々危険が伴うかもしれないことに遭遇したとしても、行動することがあなたにとって、とても重要な信念で、自身が成長する唯一の方法と考えているのです。

あなたはとても行動派なのです。

どのような環境で「活発性」は発揮される?

「いつ始めようか?」これはあなたの日常の中で、幾度となく繰り返されている質問です。この問いを自分に問いかけることで、あなた自身を奮い立たせ行動を起こします。あなたは動き出したくてうずうずしているのです

仕事の過程においては、戦略(計画)を立てるフェーズと実行するフェーズがあります。活発性が資質のあなたにとって分析が役に立つことディベートの必要性については貴重な洞察を生み出す場合もあるという観点から大切なものだと感じていることでしょう。

ただ、あなたのインサイト(深層心理)では、「行動のみが有意義なものである」と感じているはずです。

行動のみが何か変化を起こすことのできる唯一の方法で、行動無くして成果なしと考えているのです。行動することこそが、あなたにとって、意味のあるものなのです。

会社という組織は、非生産的なことが非常に多く、ミーティングをすることを非常に好みます。日常において、不毛なミーティングの時間を長く取り、結局は何も答えを出すことができないということが多々あります。※これは、どの企業でもあることですよね。

ミーティングで戦略を立てることによって、それ自体をやった気になってしまう現象が起きているのです。この状況こそ、活発性の資質を持つあなたが一番、嫌う状況ではないでしょうか。

では、企業という観点において、活発性の資質を持つあなたがマッチするのはどのような環境の企業なのでしょうか?

裁量権こそあなたの大好物

あなたは、裁量権を非常に好むはずです。逆にいうと、自分の行動が制限されてしまうことに対して、相当な嫌悪感を感じてしまうでしょう。

自分で意思決定ができ、それに基づいて行動ができる環境下

つまり、あなたは、創業間近のベンチャー企業転換期の企業における新規事業立ち上げなどが非常に良いのではないでしょうか。大手企業での安定した収益基盤の元、分業された業務をこなしていくことは向いていないです。



物事を決断をしたあとのあなたの行動とは?

自分自身の中で一度、意思決定が下されると、あなたは行動を起こさずにはいられません。他の人は、「まだ知らないことがあるのに」などと、あなたのスピード感に戸惑う方も多くいらっしゃるかも知れませんが、あなたはこのような考えの周りに合わせて、あなたのペースを遅くするということはできないのです。

例えば、街の中を横断する決定を下した場合、最も速く移動する方法は、信号から信号へと渡り歩くことです。すべての信号が青になるまで、だらだらと待っていることを不毛な時間と感じてしまうのではないでしょうか。

そのうえあなたの考え方では、行動と思考はお互いに相容れないものではありません。事実、あなたは「活発性」の資質によって、行動は最良の学習手段であると考えています。決断し、行動し、結果をみて、そして学習していくのです。この学習方法によって、あなたは次の行動、そして、さらに次の行動を起こしていきます。

そのため、行動を起こすためにまずは理論を学んで計画を立てて行動を起こすのではなく、まずは行動を起こしてみて失敗を重ねて、学習を繰り返していきます。

「活発性」という資質を持っているあなたの行動に対する核となる考え方とは?

繰り返しになりますが、活発性の資質の方は、「行動無くして成長無し」と考えます。もし行動をしなかったら、どのようにして自身を成長させることが出来るのでしょうか?そのため、あなたは、危険を冒してでも、行動をし続けるのです。

発言したことや、考えたことによってではなく、実行したことによって、何事も判断されると考え、これが重要なのです。あなたはこれを恐れることはありません。あなたにとって、行動に喜びを感じるからです。

もし、活発性の資質を持つあなたが、成長したいと考えているのならば、「困難な状況下」に身を起きましょう。また、起業するのではなく、NO.2としてトップを支えていくポジショニングをとっていくことが、あなたの特性を生かしていく最大の方法です。

そのため、一緒に仕事をしていくならば、【目標志向】や【未来志向】、【戦略性】や【分析思考】の強みを持つ人とビジネスを行なっていきましょう!

あなたには「計画やアイデアを活気付ける能力」があり、これらの強みを持つ人には「指導力や計画力であなたが活発に行動することを支援する能力」があるため、相補的で強力なパートナーシップを築くことができます。

「活発性」の資質を持つ人に見られる特徴的な才能

  • あなたは思い立てばすぐに行動に移すことが出来る人です。周りの人々がまだ準場が十分でないなどの理由をつけて尻込みしている間に、あなたは率先して行動に移すことが出来る人です。
  • 失敗を恐れない、チャレンジ精神を持っている。

以上が、「活発性」の資質を持っている人の特徴です。ぜひ、ご参考にしてみてくださいね。

ストレングスファインダーまとめ
影響力
人間関係構築力
実行力
戦略的思考力

Return Top