Read Article

転職理由が人間関係やスキルアップできてないなどネガティブ!そんなときの回答例を例文で見たい

働いていると嫌なことはたくさんありますし、耐え難いことや理不尽なこともあります。

身体や精神が壊れてしまう前に退職でき、明るい未来を思い描いて転職活動をはじめたはずなのに、退職理由がネックになり面接会場へ行くのが怖いという方も多いようです。

例え、人間関係の悪化や自分の技術やスキルアップが追いつかず退職したという場合にも、ネガティブにならずに面接に臨める回答例について、例文なども絡めてみていきましょう。

~転職面接を受けているあなたは素晴らしい!退職理由がネガティブでも無問題!~

給料面での不満や残業時間への不満、人間関係の悪化や、自分の技術やスキルアップが追いつかず前職を退職することは、一見、とてもネガティブな印象を持ちますが、それは考え方によって変わります。

給料や残業時間、人間関係が我慢の限界を超えるほど不満な場合、毎日嫌な思いをして会社に通っても、あなた自身の力や技術は発揮できないでしょうし、周囲の人と力を合わせて業績を上げていくのも難しいでしょう。

何より、メンタルが心配です。

精神が病んでしまえば転職どころではありません。

また、心理学では、自己防衛は本能であるとも言われていることからも、新天地で頑張りたいと思うのは自然のことなのです。

また、技術やスキルアップが追いつかず、悔しい気持ちで退職された方は、もしかしたら、別の分野に向いている可能性もあります。

退職したことで自信を失ったり凹んだりせず、「自分は正しい選択をした」と考え、良い方向に考えてみましょう。

また、退職をするほとんどの人が、ネガティブな理由で退職しています。

転職面接で採用されるかどうかの分かれ道は、「どれだけネガティブな理由をポジティブに話すか」なのです。

~転職面接でネガティブ理由をポジティブに話す回答例が知りたい! ※例文あり~

では早速、転職面接でネガティブな退職理由をポジティブに話せるよう、回答例(例文)を見ながらオリジナル回答をひねり出してくださいね。

例①「残業が多いブラック企業だったため退職した場合」

回答例(例文)

「前職では勤務時間に成果を出していたにもかかわらず、深夜残業が当たり前の環境でした。無駄な残業を強いられる職場よりも、勤務時間内に成果を上げて残業デーをなくそうと企業努力をする御社のような職場で働きたいと思い退職いたしました」

ブラック企業のように、残業を強いられる環境下に耐えられず辞めた場合には正直に話して問題ありません。

ただし、前職の職場の悪口を言うのはやめましょう。

伝えることは、「毎日残業を強いられていた事実」と、「効率よく成果を上げれば残業を強いられることのない企業で自分の能力を生かしたい」ことのみです。

「こんな職場では身体を壊してしまうと思い…」などと付け加えると、NG回答になります。

例②「人間関係が悪化して退職した」

回答例(例文)

「前職では、スキルや経験に見合った仕事を任せてもらうことができなかったことや、個々がそれぞれに成果をあげるといった業務形態でした。しかし、チームワークを大切にしながら成果を上げていくことを理念としている御社のテレビインタビューを見て、スキルや経験にあった仕事を任せてもらうことができ、周囲の人と協力しあって成果を上げていきたいと思うようになりました」

人間関係が悪くなり退職する方はとても多いので、面接官としては、人間関係が原因で辞めた人は採用しづらいというのが正直なところでしょう。

あなたの苦しかった経験を全て話すことができれば、面接官も納得してくれるかもしれませんが、限られた面接時間内ではそれも難しいため、前職を辞めた他の理由を見つけて話すようにしましょう。

例③「技術やスキルアップが追いつかず退職した」

回答例(例文)

「前職ではWeb制作の仕事をしておりましたが、Web制作をしていく中でお客様からたくさん意見をいただくようになり、お客様が望んでいることは何なのか、どういったことに感心を持っているのかを詳しく知りたいと思うようになりました。そうして得た情報を市場に生かすような仕事がしたいと思ったのが転職を考えはじめたきっかけです。畑違いの業種にはなりますが、お客様の声に耳を傾けた前職の5年間の経験を生かし、市場調査をメインに活躍されている御社に貢献できればと思っております」

技術やスキルアップが追いつかなかったことについては、わざわざ話す必要はありません。

前職を辞めようと思ったとき、応募先企業へ応募を決意したとき、どのように考えたのかを伝えると良いでしょう。

~まとめ~

転職を決意するほとんどの人が、実はネガティブな原因で退職しています。

ただ、転職面接のときにネガティブな理由をそのまま伝えてしまうと不採用になる可能性が高いため、

「こういうふうに活躍したいから転職を考えた」

「前職の〇〇の経験を生かせる御社に転職したかったため退職を決意した」

など、あなたのヤル気や意欲が伝わり、面接官が「あなたを採用すれば頑張ってもらえるだろう」と考えるような回答を考えてみると良いでしょう。

Return Top