Read Article

【転職のプロが教える】リクルートスーツは絶対NG!?転職の面接でお奨めのスーツとは ?

【転職のプロが教える】リクルートスーツは絶対NG!?転職の面接でお奨めのスーツとは ?

就職活動では、迷わず「リクルートスーツ」を着ていれば問題ないですが、転職の面接はどのような服装で望めば良いのでしょうか?カジュアル?リクルートスーツ?また、転職活動に適しているスーツやシャツ、ネクタイの種類や色、柄はどのようなものなのでしょうか?

転職が初めての方も多いと思いますので、転職の面接における服装を詳しく解説していきます。

転職面接でリクルートスーツはNG?

リクルートスーツは、学生の就職活動の印象が強く、面接官に「学生の雰囲気やノリが抜けていない」「頼りない」といった印象を与えてしまうようです。面接は第一印象が非常に重要ですが、リクルートスーツの場合、学生と同じ印象を受けてしまい「頼りない」と感じてしまう危険性があるのです。

また、リクルートスーツは低価格で販売しているため生地が薄いものが多く、安っぽい印象を与えることもあります。

このようなことから、「リクルートスーツしか持っていない」「今回はリクルートスーツでどうにかしたい」という方もいらっしゃると思いますが、転職を希望する場合には買い替えをお奨めします。

基本的に転職の面接では「ビジネススーツ」を着用しましょう。

例外として、アパレル関係や美容関係、ファッション関係など個性を求める企業への転職を希望している場合には、リクルートスーツの中に着るシャツの色を、薄い水色やピンクなど明るめのもに変更するという方法もありますが、転職先の業種によってはNGです。

男女ともにベーシックな色のスーツと白いシャツが無難です。白いシャツを持っていない場合も、購入しておきましょう。シャツでおしゃれさを出すのも一つの方法ではありますが、おしゃれさよりも重要なのは、「清潔感」です。ベーシックな色のビジネススーツに、ぱきっとした白シャツを着てネクタイを締めれば清潔感ありますよね?

転職面接で好まれるスーツの色や形は?ストライプ柄はOK?

どのようなカラーが転職面接に適しているかと言えば、ベーシックカラーのうち、黒、紺、グレーです。ところで、みなさんはベシックカラーがどんな色を指すのかご存知でしょうか?

ベーシックカラーとは、黒、紺、グレー、ベージュ、ブラウン、白の6色を指します。

転職を扱った記事の中で、「ベーシックカラーのスーツがオススメ」と記載してあるものもありますが、この場合、白やベージュ、ブラウンは対象外だと考えてください。あくまでも、黒、紺、グレーの3色を指しています。また、紺やグレーでも、明るい印象を与えるものは避け、控えめな色を選びましょう。

20代、30代、40代と幅広い年代の方が転職活動をされていますが、黒、グレーのベーシックカラーであれば、年代や季節を問わず着用することができます。ただ、紺色はブルー系に属するため、春や秋よりも、夏や冬の方が適している色だと言えるでしょう。

先ほども述べましたが、転職面接で好まれるのは、「ビジネススーツ」です。ビジネススーツとリクルートスーツの違いは、

  • 素材
  • 生地
  • 値段
  • 着こなし方

が挙げられますが、転職面接の際には、色のついたシャツやネクタイは控えた方が無難です。転職してから、ファッションを楽しむようにしましょう。ビジネススーツでは、無地はもちろんのこと、シャドーストライプ、ピンストライプなどの着用も良いとされています。



シャツの色や柄も転職面接に最適なものがある

シャツの色については冒頭で少し触れていますが、男女ともに白が無難であるとされています。男性の場合、シャツの袖口は、スーツの袖口よりも1~1.5センチほど見えているのがベストです。袖口が、

  • 長すぎる
  • ボタンが留まっていない
  • ボタンが取れかけている

などあると、だらしない印象になるため、購入先では試着し、販売店のスタッフに見てもらいましょう。取れかけのボタンはきちんとつけ直し、ボタンをしっかりと留めるだけで、グンと印象が良くなります。

シャツの襟にはいろいろな種類がありますが、体型によっても着用するものが変わってきますので、購入先で尋ねてみると良いでしょう。シャツの柄については、無地のものが無難とされています。光が当たらなければ目立たない柄のシャツなども避けた方が良いですね。

女性の場合、白が無難で一番良いとされながらも、黒や黒めのスーツを着用する場合には、真っ白のブラウスよりもオフホワイトやアイボリーの方が良い印象を与えます。真っ白のブラウスと黒のスーツは、どうしても就活の印象を与えてしまうためです。

どうしても黒いスーツに白い色を合せたいときは、ブラウスをカットソーに変更しても良いでしょう。シャツの柄については男性同様、無地のものを選びましょう。

柄物や目立つカラーのネクタイも転職面接なら許される?

ネクタイの色に決まりはありませんが、パステルカラーや蛍光色、虹色に輝きを放つような色は好みが分かれるため、転職を強く希望する場合には避けましょう。

柄がとても大きなものやキャラクターがついているものの着用も不向きです。ストライプ柄や赤や青のようなハッキリとした色も不向きだと考えがちですが、ストライプ柄はスマートな印象を与え、濃い色のネクタイは良い印象を与えるそうです。

また、心理学の世界では、

  • 赤いネクタイは情熱や熱意を伝えるときに有効
  • 青いネクタイは知的で誠実な印象、信頼感を与える

とも言われています。

ご自身の面接でのアピールポイントとして、情熱的なキャラクターを売るのか、スマートなキャラクターを売るのかによっても色を使い分けるといいと思います。心理学的見解も参考にしながら、自分がどのように見られたいか戦略を練り、ネクタイの色を決めることも有効な戦略だと言えるでしょう。

Return Top