Read Article

【キャリコンの教え】転職における書類選考の期間とは?

【キャリコンの教え】転職における書類選考の期間とは?

転職活動において最も重要なのは「書類選考」です。どんなに優秀な方でも書類が通らなければその機会もいただけません。また、書類選考には書き方というものがあり、何も知らず提出し書類選考で落ちてしまうのは凄く勿体ないのです。

新卒・中途に限らず、企業の選考を受ける場合は、まず書類選考からスタートします。

書類選考は面接とは違い、やりきった感覚などはなく、結果が出るまでの期間は思った以上に長く感じ、結果が出るまでの期間は非常にストレスがかかるものでしょう。

では、書類選考の一般的な期間はどのくらいなのでしょうか。また、なぜ書類選考の結果通知の期間にばらつきが出るのでしょうか。これら、気になる点についてお伝えいたします。

そもそも一般的な書類選考の期間はどのくらい?

書類選考の期間について、一般的にはどのくらいの長さが適当な長さなのでしょうか。これについては、企業の方針によって変わるため全ての企業に当てはまることではないことが前提です。

その中で、一般的な期間としては、1週間〜1ヶ月が通常であると言われています。では、そもそもなぜ書類選考にそんなに時間がかかるのでしょうか。書類選考は5秒〜1分くらいで終わりそうですよね?

合否によって書類選考の期間は変わるの?

なぜ、書類選考に結果通知の期間はそんなに時間がかかるのか。基本的に、その要因は以下の2つほど考えられます。

  • 企業の規模
  • 選考者の流入経路

では、具体的にはどのように関わっているのでしょうか?詳しく見ていきます。

企業の規模

新卒の就活では、企業規模が大きくなるほど・企業のネームが有名なほど、応募者が殺到します。その数は、多い企業で1000名以上も応募が来ます。

その数を、少人数の人事で判断しなければならないのですから、それなりに時間が掛かることが予想できます。また、仕事のオペレーション的にも、1名見て判断をして結果通知をするではなく、何名かまとめて結果通知をするのが通常だと考えられます。

そのため、ある一定期間は書類選考にかかってしまうのです。ある程度、企業の規模による書類選考期間をセグメントすると、「一流企業」「中小企業」「ベンチャー企業」で以下のようになります。

一流企業

有名企業、一流企業では1ヶ月から2ヶ月程度時間がかかることも珍しくないと考えられます。もちろん、上場していたり人気企業であればあるほど、応募者は殺到しますよね。また、外資企業と内資企業でも書類選考の期間が異なってきます。

転職の場合、就活とは違いポジションでの採用になります。そのため、1ポジション1名が基本です。内資の場合、その1つのポジション複数人を同時に先行します。そのため、書類選考の期間は基本的に同じくらいのスピードになります。しかし、外資の場合は異なることが多いです。

先に先行が進んでいる候補者がいると、書類選考結果を待たされる場合が多いです。その分期間が長くなってしまうのです。また、それは書類選考だけでなく面接フェーズでも同じです。

中小企業

中小企業の選考期間は大企業ほどではなくとも、やや長めと言っていいでしょう。2週間から1ヶ月で結果が出ると考えられるでしょう。中小企業は比較的早めで1週間から2週間で通知を受けることが多いよう。

ベンチャー企業

ベンチャー企業は社長が人事を兼任していることも多く、応募した当日に即返事が届くということもあります。基本的にベンチャーは候補者が溢れるほどくるということはないので、一人一人を会社に合うかどうかすぐに判断してくれます。また、書類選考の間口は広く構えているのもベンチャーの特徴です。

選考者の流入経路

就活においても書類選考する方法にはさまざまなものがあります。転職サイト、転職エージェント、直接応募、ハローワークなどがありますが、それぞれ選考期間は異なります。

基本的に一番早いと言われているのが、自己応募であり、エージェント、ハローワーク、転職サイトという順番になります。また、結果通知は、書類選考の合否によりその期間は異なります。

実際は、書類選考通過の場合は、1週間程度で結果通知されるケースが多いです。それに対して、書類選考の結果、不採用となるときは、採用時と比較して期間が長くなります。その理由は、様々存在しますが、後回しにされているなどの理由が多いです。

不採用の通知について、あまり良いことではありませんが、非生産的オペレーションのため後回しにされることが多いのです。酷い例では不採用通知すら来なかった、など様々な例があります。

書類選考の期間が長すぎて不安で待ちきれません。どうすれば良いですか?

書類選考を応募した企業から合否の連絡がない場合とても不安になりますよね。そして、今自分がどんなステータスにいるのか不安で聞きたくなってしまうはずです。

しかし、不安な気持ちに耐えられず焦って企業に「書類選考の結果はまだでしょうか?」と問い合わせたとします。その場合、高い確率で不合格になってしまうケースがあります。たとえ、合格していたとしてもひっくり返ってしまう事もあり得ます。

書類選考が通過して、面接を実施した場合は、会社に問い合わせても良いケースがあります。しかし、ベストなのは、企業のタイミングに合わせる事であり、気長に待つことが最善の策だと言えます。

適当な書類選考の期間はどう計算すれば良い?

基本的に書類選考の期間は、会社が稼働している営業日で換算します。

例えば週休2日の会社に応募した場合は月曜日から金曜日までの5日間と翌週の月曜日と火曜日の2日間で1週間と計算します。土曜日と日曜日を入れた1週間ではないことに注意しましょう。

新卒の場合、期間計算をカレンダーの数で計算してしまう方が多いですが、冷静に見ると営業日計算で1週間も経っていないなんてことはざらにあります。

焦るからこそ、長く感じる気持ちは非常に理解できますが、焦って精神を消耗するならば、堂々と結果を待つ方が良いと言えます。なぜならば、焦っても結果は変わらないからです。

まとめ

書類選考を待っている期間は非常に長く感じつはずです。それは、採用か不採用かを心配しているからですね。では、心配しないような完璧な書類(自分で自信を持って提出できる)を作ることでこの心配は解消されるのではないでしょうか。

どんな結果が出てもポジティブに捉え、次に進むことが重要かもしれませんね!

Return Top