Read Article

転職活動の内定を円満に辞退するなら理由はどうしたらいい?

転職活動は1社1社順番に行うというより、同時進行で行う方が圧倒的に多いのではないでしょうか。転職活動を同時進行で進めると効率は良いものの、複数社から同時期に内定が出る可能性があります。

入社できる企業は1社。

その1社以外には「内定辞退の連絡」が必須となります。

何となく気まずい内定辞退の連絡ですが、どのような理由なら円満に辞退できるのでしょうか。また、内定辞退は問題なくできることなのでしょうか。

今回の記事では、内定辞退に視点を当てて詳しく解説していきます。

 

そもそも転職活動で得た内定は辞退できる?

転職活動で得た内定を辞退することは可能です。応募した側の権利です。仮に「内定辞退はできない」といわれることがあれば、それは企業側が権利を違反していることになります。

ただし、いくら権利で認められているからといって、内定辞退は採用してくれた企業に対し様々な負担をかけるのは事実です。採用にあたり企業は時間やコストをかけています。

その点をしっかり理解して、内定辞退の際には真摯に対応するようにしましょう。

一般的に内定辞退連絡は入社予定日の2週間前までといわれています。転職活動の場合は、学生の就活と違い、入社予定時期が早いことも多いですが、仮に2週間以内に入社予定日が来ているとしても、とりあえず至急連絡するようにしましょう。

 

内定を辞退するときの連絡方法

以下では、内定辞退の際の連絡方法について解説していきます。

電話連絡

内定辞退の連絡は基本的に電話で行うのが良いとされています。

できるだけ早い段階で、担当者に電話で連絡して内定辞退を伝えましょう。

メールや手紙での辞退はダメ?

電話連絡は会話が必要になるので、直接対面していないとはいえ気まずさは付き物です。「できればメールや手紙といった直接会話しないやり方で内定辞退の連絡をしたい」という方も多いのではないでしょうか。

しかし、メールや手紙での内定辞退の連絡はよほど電話できない事情がない限りはNGです。

採用にあたり時間を割いてくれた企業側に誠意を見せるためにも、電話で伝えるようにしましょう。

 

電話連絡で訪問を求められたらどうしたらいい?

電話連絡をした際、場合によっては「訪問」での内定辞退理由の説明を求められることがあります。

多くの転職活動をしている方にとって、内定辞退予定の企業へ訪問することは好まない展開ではないでしょうか。

本当に嫌だったら電話だけで辞退することも可能ですが、誠意を見せるという点を大切にするなら、直接訪問しましょう。

訪問しても、企業側が文句をいってきたり、無理に引き留めたりといった行為を行う可能性はほとんどありません。

 

内定を辞退するときの理由はどうすればいい?

内定辞退の連絡をする際はやんわりと伝えて、理由については自分からあえて伝えなくても問題ありませんが、企業側から理由を尋ねられることがあります。

尋ねられたうえで回答しないのは、失礼になってしまうので、理由については一応回答を準備しておくようにしましょう。

気まずいからといって嘘の理由を考えておく必要はありません。やんわりと伝えるようにしましょう。

無難に伝えれば問題ない

例えば他社に入社するために内定を辞退するなら「検討の結果、別の企業に入社することにして」という風に伝えましょう。

ちなみに、入社するつもりの企業名まで答える必要はありません。

理由を伝えないのはNGだけど伝えすぎもNG

内定辞退する企業側から理由を尋ねられたにも関わらずまったく理由を伝えないのは良くありませんが、しかし、細かく回答しすぎることも良くありません。

理由を細かく回答しようとすると、どうしてもその企業への不満を伝えているような印象になり、失礼に受け取られる可能性があるからです。

「家庭の事情」は内定辞退に使える?

内定辞退の理由として「家庭の事情」が使えるかどうかですが、使用することは可能です。ただし、本当に「家庭の事情」で内定辞退をする場合のみ使用しましょう。

「給与への不満」が理由の場合伝えないほうが良い

複数社の面接を受けている場合は、内定が出た他の企業と比較して給与面を理由に内定辞退を決めることもあるかもしれませんが、このような理由は基本的に伝えないようにするのが無難です。

 

本命企業以外で内定が出たときの対策

転職活動で複数社に同時進行でエントリーしている場合は、一番行きたい企業より先に他の企業から内定が出ることもあるかもしれません。

その場合は一旦保留にしておくようにしましょう。

一旦保留にしておく

保留期間は大抵の企業で最長1週間ほどのようですが、その期間待ってくれる企業が多いようです。

本命企業の合否待ちの場合は「保留して欲しい」旨を伝えてみましょう。

仮に内定を承諾しても、内定辞退の連絡をすれば辞退はできますが、保留にしておくほうがお互いにやりやすいのではないでしょうか。

 

内定辞退は早めに連絡するようにしよう!

内定辞退については、辞退は必要だとわかったタイミングで早めに電話連絡するようにしましょう。

企業側は採用にあたり多大なコストをかけ、内定決定後は入社に向けて様々な準備をしてくれています。企業側に誠意を持って対応するようにし、気持ちの良い新生活をスタートしましょう!

Return Top