Read Article

【キャリコンが教える】結婚を機に転職を考えているあなたへ!ベストタイミングと注意点(女性篇)

【キャリコンが教える】結婚を機に転職を考えているあなたへ!ベストタイミングと注意点(女性篇)

人生のライフプランにおいて、仕事は欠かせない存在です。それと同じくらい、結婚も重要なライフプランですよね。特に女性の場合、子供を産むことを考えると結婚のタイミングは非常に重要です。

基本的には、「結婚前に転職する」「結婚後に転職する」「転職しない」この3つの方法が考えられます。今回は女性にフォーカスして、結婚と転職の関係とタイミングについてお伝えしていきます。是非、自分自身に当てはめて考えてみてください。

結婚前に転職した場合

メリットとしては、以下が考えられます。

  • 労働時間、勤務地、雇用形態などの条件を結婚後の都合に合わせて選択できる
  • 年齢が若い方がポテンシャルで採用される確率が高い
  • 既婚者より独身者の方が出張や転勤に対応できると考える会社がある

結婚前に転職したほうが採用されやすいかもしれません。年齢も大きな要因になります。1歳でも若いうちに転職活動をした方がポテンシャル採用される確率が高くなります。既婚者より独身者の方が出張や転勤に対応できると考える会社があります。しかし、この場合は近いうちに結婚を考えているため、出張や転勤に前向きな姿勢は見せない方がよいでしょう。

デメリットとしては、以下が考えられます。

  • 出産の予定があるときは転職には向かない
  • 家事に時間を割きたいと考えている人には転職には向かない

結婚だけではなく、出産の予定もある場合は転職活動をしない方が好ましいでしょう。転職して、すぐに出産・育児休暇を取得することはあまり良いとはされていないと思います。

また、家事に重きをおきたいと考えている方は転職しない方が良いでしょう。転職したすぐはエネルギーが必要で仕事に比重をおかなければいけないでしょう。家事に重点をおきたいのならば不一致が生じてしまいます。

転職先にも迷惑をかけてしまうかもしれませんし、何よりもご本人が不一致に苦しむことになると思うので、避けたほうが良いでしょう。

結婚後に転職した場合

メリットとしては、以下が考えられます。

  • 現実的な選択肢から求人を選択できる
  • 退職した場合は育児に専念できる

結婚生活にも慣れ、旦那がどれだけ家事を手伝ってくれるかどうかも理解できるようになるでしょう。結婚しながら働くイメージが湧きやすいと思います。その現実的な視点で求人を選ぶことができるのはメリットと言えるでしょう。

もし、結婚だけではなく出産も同時期にした場合、退職すると育児に専念することができます。育児の時間は取り戻すことができません。あとでいくらでも働くことはできますが、我が子の成長を見守ることは親の特権です。

退職して、働くことを一時的に停止して育児に専念することができます。結婚後に転職した場合はこのようなメリットがあります。

デメリットとしては、

  • 出産後に正社員として復帰できるとは限らない
  • パートやアルバイトをしている人が多い

子どもがいると想像以上に正社員として復職することは難しいようです。小学生ぐらいまで成長すれば、また違ってくるようですが、それまでかなりの期間があります。子持ちの転職活動はシビアなようです。

結果として、パートやアルバイトをしている人が多いようです。今までバリバリ働いていた方いとっては望ましい結果にはならないかもしれません。

そこで、転職せずに産休・育休制度を利用する方法もあることをご紹介します。産休・育休制度がない会社では辞めるしかありませんが、産休・育休制度が整備されている会社が多いでしょう。



結婚を機に女性が転職を成功させる5つのポイント

結婚を機に女性が転職を成功させる5つのポイントがあります。

  • 出産を視野に入れて働き方を選択する
  • 仕事とプライベートの優先順位を決める
  • 長く働く意思があることを伝える
  • 細かく情報収集をする
  • 転職エージェントを活用する

まず、どうしても出産のタイミングで仕事は休まないといけなくなります。仕事とブライべーとの優先順位を自分のなかで定め、働き方、しいては生き方を見つめ直す必要になります。

また、女性は結婚を機に辞めてしまうイメージもあるようなので、長く働く意思があることを面接で伝えましょう。また、女性が働きやすい環境であるか、細かく情報取集をする必要もあるでしょう。

最後に、転職エージェントは十分に活用しましょう。転職エージェントは多くのデータを保有しており、女性の転職成功も多く支援しています。その経験や実績を活用して、転職を成功させましょう。

在職中の会社で働き方を変える方法もある

この4つポイントがおさえられているのならば、在職している会社から転職する必要はないかもしれません。

  • 時短勤務が可能
  • 残業や出張がない
  • 女性の割合が多い
  • 産休・育休制度の取得実績がある

結婚を機に必ずしも転職する必要はありません。在職している会社の制度が整っているのならば、転職しない方が好ましいでしょう。時短勤務が可能ならば、育児との両立もできます。会社の制度にもよりますが、時短勤務ならば、残業や出張がない場合が多いです。

また、女性の割合が多いと前例があるので、働きやすいかもしれません。ポイントになるのが、産休・育休制度の取得実績です。特に男性の育休制度の取得実績が多い場合は取得しやすい会社である可能性が高いです。

まとめ

結婚を控えた女性の転職について解説しました。結婚前に転職するか、結婚後に転職するか、それぞれメリットやデメリットがあり、変わってきます。転職するタイミングは重要だと言えます。

しかし、転職しなくても在職中の会社の制度が整っているのならばそのまま働き続けるという選択肢もあります。産休・育休制度の取得実績があれば、出産後復職することもできます。

働き方の選択肢はさまざまです。自分に合った働き方を選びましょう。

Return Top