Read Article

【転職のプロが教える】面接で名刺を渡されたらどうする? それが採用の分かれ目ポイント

【転職のプロが教える】面接で名刺を渡されたらどうする? それが採用の分かれ目ポイント

転職活動を行っていると、名刺をもらうことがあります。受け取るときの対応や、名刺をしまうタイミングが分からず戸惑うのはNGです。

転職面接の場合、「前職の経験」を有している人が対象のため、ビジネスマナーが合否にかかわることも少なくありません。

転職面接で名刺をもらったときの対応

ビジネスマナーの基本とも言われる名刺の受け渡しですが、職種によっては名刺交換を行う必要のない業務の方や、名刺の受け渡しが非常に少ないこともあります。

また、基本的なマナーは知っているようで知らない方が多く、日常的に名刺交換を行っているからこそ自分の動きに意識を向けていないケースもあります。

転職の面接会場で名刺を渡されたときは、「受け取り方のマナーを見られている」とみて間違いありません。

採用・不採用の分かれ目にもなる重要なポイントですから、おさらいも兼ねてみていきましょう。名刺を差し出されたときは、「ありがとうございます。頂戴いたします」と面接官の顔を見て一礼し、両手で丁寧に受け取ります。

名刺を受け取るときには、企業ロゴや会社名、面接官の氏名に指がかからないよう気をつけましょう。

礼は一度のみ、何度もペコペコと頭を下げるのはNGです。面接官に媚びへつらっているような印象を与え、心情を悪くする可能性があります。

名刺を受取ったあとは、すぐに置いたり、しまってはいけません。

しっかりと名刺に目を通します。このとき、名刺の表だけではなく、しっかりと裏面にも目を通しましょう。目を通さずに名刺を置くことは失礼に当たります。

名刺の裏には、企業理念や事業内容、イチオシの商品についてなど記載されている場合も多く、面接までに調べておいたこととは違った情報を得られる可能性もあります。

名刺に目を通したら、テーブルの左上側に名刺を置きます。このとき、名刺入れがある場合には、名刺入れの上に名刺を置くようにしましょう。

面接官が複数いる場合には、面接官が座っている席の順に名刺を並べておきましょう。名刺入れを持っている場合には、立場の高い人の名刺を置くようにします。迷うことも考えられるため、最初から名刺入れを出さないというのもひとつの方法です。

転職面接で名刺交換は必要?前職や現職の名刺も必要?

ビジネスシーンでは、名刺は受け取るだけでなく、お互いが受け渡しを行います。

ただし、転職面接では名刺交換をする必要はありません。面接官に名刺を渡されたとき、前職の名刺を渡すことはもちろんNGですし、自ら進んで現職の名刺を渡すことは控えましょう。

辞める会社の名刺を渡すことは失礼に当たります。

ただ、面接官から名刺を求められたときで、現職の経験やスキルを知ってもらいたいと思う場合には、名刺を渡しても良いでしょう。

名刺を渡したくない場合は、「申し訳ございません。本日は個人として面接に参加しているため、現職の名刺を持参していません」などと伝えましょう。

名刺をしまうタイミングはいつ?

面接終了後、席を立つ前にしまうようにしましょう。

このとき、名刺入れがあれば名刺入れにしまいますが、名刺入れがない場合にはスケジュール手帳などに挟んでからカバンにしまいます。

印象を悪くしないためにも、直にポケットやカバンに入れることは避けましょう。

名刺を受取っただけでなく、名刺交換も行った場合は、面接官が名刺をしまってから名刺をしまうようにします。

もらった名刺の裏に書いておくべき5つのこと

もらった名刺は大切に保管しておきましょう。

今後、あなたがどのような職業について、どのような企業とどのように関わっていくのか、それは時が経ってみないと分かりません。

今は必要のないように思える情報が、のちに役立つことも多々あります。

名刺には、企業名や担当者名だけでなく企業の情報などが記載されている場合も多いため、コミュニケーションのキッカケにもなるのです。

もらった名刺には、

  • 名刺をもらった日時
  • どのようなときにもらったか
  • どのような立場の人なのか
  • 名刺をくれた相手の特徴
  • どのようなことを話したか(特に趣味や嗜好について)

の5点を裏側に書いておきましょう。

名刺の裏にも印字がされている場合には、名刺の空いているところに記します。

書くスペースが見当たらないときには、メモ用紙を名刺サイズに切り取り、名刺と一緒にホッチキスで留めて保管しましょう。

-記載例-

〇〇年〇月〇日

転職面接の会場にて

面接官

30代・男性・黒髪でクセ毛のショート・黒縁のメガネ着用

好きな食べ物について「うどん」と答えると、「私もうどんは好きですよ」と笑顔がこぼれた

このようなことを記しておけば、「〇〇さん、うどんお好きでしたよね?」など、相手が親近感を抱くようなプライベートな会話をスムーズに投げかけることができます。

転職面接で得た情報は宝です。選考の合否に関わらず、少なくとも数年間は大切に保管することをお奨めします。

Return Top