Read Article

入社3年で3割は退職!?転職のタイミングで迷っているあなたへ!社会人3年目の転職のシカタ

入社3年で3割は退職!?転職のタイミングで迷っているあなたへ!社会人3年目の転職のシカタ

人生は何事においても「タイミング」が非常に重要です。どんだけ自分が相手のことを好きでも、まだ会って1回目の人にいきなり告白をしたら振られる確率の方が高いですよね?(成功率100%の方は除く)

これは、転職市場においても同じことが言えます。転職活動においても「タイミング」というのが重要になってくるのです。ここでいう「タイミング」とはいくつかの意味を含んでいます。

  • 自分自身の市場価値としてのタイミング
  • 業界としての動向におけるタイミング
  • 企業が欲している人材のタイミング

主には、この3つのタイミングが重要になります。またここでは、PIC(Person・Industry・Company)が絡んできます。基本的には、それぞれのタイミングがズレているほど転職しづらくなります。

さて、話は変わりますが、何年も前から「新卒は3割が3年で退職をする」と言われています。最近、メディアにおいてよく取り上げられるので最近だけの話のように感じますが、この傾向は何年も前から起きている事象なのです。

リソースはこちら※厚生労働省作成資料を参照

「もうすぐ3年目になるんだけど、周りがみんな転職している!私もした方がいいのかな??」と考えている方はたくさんいらっしゃいますよね。新卒で社会人3年目を迎えてしまうこの時期、この先のキャリアを考えて、退職や転職をすべきなのか。果たしてベストなタイミングはいつなのか?悩みませんか?自身にとって、有利な人生を歩んでいくために、より良いタイミングを選択しましょう。

「とりあえず3年」は、嘘?本当?

よく会社の先輩や大学の先輩から聞くワード「とりあえず3年」。果たしてこれは正しいのでしょうか?

もちろん、正解というのはないので一概にいうことは言えませんが、基本的に3年続けて入れば、「早期の転職だね」という理由でマイナス評価になることはないです。逆に、「3年も続けたんだ頑張ったね」って言われます。「石の上にも3年」という諺があるように、3年続けることが一つ重要なことなのです。

ただ、「3年目が転職の最適な時期か」というのはまた別の問題になってきます。それは、あなたが考えている「転職の目的」によってタイミングが異なってくるからです。さて、ここで言う「転職の目的」とは何を指しているのでしょうか??

転職のタイミングは社会人3年目が効果的な理由

2018年現在、転職市場は売り手市場です。これは、2020年ごろまでは確実に続くと言われております。ただ、どんなに「売り手市場」だといっても「超早期離職」は評価されないことがほとんどです。それは、中途採用を行う企業の目的を考えると分かります。

企業側が中途採用で求めるのは基本的なところ「即戦力」です。ただ、経験が足りなかったとしても自社で教育すると言う覚悟で採用するケースも多くあります。この場合でも、最低限必要になってくるのが、「ビジネスマナー」です。初対面の方との接し方・メールの打ち方・電話の言葉遣い・・・挙げればキリがないですが、転職者をここまで教育しようと考える企業はまずありません。。そこまで必要ならば、新卒を採用した方が効果的ですからね。

なので、3年目くらいが一番いい塩梅なのです。前の企業にも染まりすぎず、ビジネスマナーもしっかりしてきているタイミングなのです。

社会人3年目!今こそ転職に向けて動き出すタイミング

新卒〜3年目あたりの人材は「第2新卒」と呼ばれます。新卒に少し毛が生えたみたいな表現ですね。。最近では、第2新卒でもめちゃくちゃ優秀な方は沢山いらっしゃいます。企業にとって、第二新卒者は貴重な存在で、採用しやすい傾向にあります。

だからこそ、このタイミングで動き出してみるべきなのです!

なぜ企業は社会人3年目の人材を求めているのか

先ほども記載したように、第2新卒に求めるのはビジネスマナーです。もちろん、経験があれば御の字ですがそこはそんなに求めていないケースが多いかもしれないです。いわゆる「ポテンシャル採用」と呼ばれるものになります。

企業側は、社会人3年目から転職してきた第二新卒者に対して、基礎的なビジネスマナーを身につけていると考える以外に、まだ年齢も若く仕事に対して固定概念もあまりないので、育成しやすいというメリットもあるからです。

社会人3年目は最後の転職のタイミング?

まず初めにそんなことはありません!転職しようと本気で考えれば、どのタイミングでもできるはずです。(企業を選ばなければ、、)最近、転職支援を行なっていて熟思うのは、キャリアを設計しておくことってめちゃくちゃ重要なんです。これ、やっていないと将来必ず弊害が出ます。自分の行きたい企業に行けないとか。やりたくない仕事をやらやければ行けないとか。

そうならないためにも、キャリアはしっかり設計してくださいね!

話を戻しますが、「3年目が最後の転職のタイミング」って言うのは、間違っているようで当っています。正しくは、「ポテンシャル採用としては、3年目が最後の転職タイミング」です。

3年目までと4年目からの人材に対しては、企業側として求めるものが明確に変わってきます。さっき述べた、第2新卒に求めるのは、「ポテンシャル」。4年目以降に求めるのは「スキル・経験」です。企業側の視点に立った時に、年齢や経験を重ねた方の人材育成は、優秀ではあるが、「育てる」と言う観点からみると弊害が生じる恐れがあるからです。

そのため、フレッシュな新卒の第二新卒者は転職最後のタイミングとも言えます。

 第二新卒者の転職のタイミングは何月?

転職に適している月のタイミングは2回あります。1度目は4月で、2度目は10月となります。何月でも良いと言うわけではなく、転職を有利に進めるためには、タイミングも重要になります。そのため、できれば4月か10月の、ごちらかのタイミングで着地できるようにスケジュールを設計して行きましょう。

なぜ転職には4月がベストタイミング?

4月に向けて「人事異動」を行う企業がほとんどです。また、4月には新卒も入ってきます。教育コストを考えると4月に新卒と一緒に教育しちゃおうと考えるのも必然ですよね。また、4月と言うのは退職者が一番多いタイミングでもあります。そのため、人手不足になりやすく企業からの求人も多くなります。是非このタイミングを狙いましょう。

10月も転職のタイミング?

10月もタイミング的にはグットです。その理由はいくつかあり、まずは、現職にてボーナスをお受け取ってから転職できる点。せっかくならもらっておきたいですよね。あと、決算期を12月に迎える企業が多いこと、決算に向けて予算が余っていれば企業は人を採用しようと考えます。

あとは、さっきと全く逆の考え方なのですが、4月には新卒が入社してきてその教育が終わるのが、だいたい9月10月であること。4月からは新卒を育てて、10月からは第2新卒を育てると言う企業はいくつかあります。

だから、10月も一つタイミングとしてはいい時期なのです。

転職する際の社会人3年目の強みとは

社会人として、3年間働いたという経験を持ったまま、挑戦してみたいと思う企業に挑めるところです。新卒には負けない強みです。自分自身としても、この強みがあるのとないのでは、モチベーションが随分違ってきますよね。

社会人3年目のもう1つの強みとは

また、転職前の在職期間が短いと、転職時に、企業から不利な評価をされてしまう可能性もあります。やはり、「とりあえず3年」と、考えている企業も多くあるので、3年間務めてから、転職活動に専念するのが効果的です。

転職時の面接で気をつけたいこと

社会人として、3年間経験を積んできたことは揺るぎない強みなのですが、面接時にはしっかりと前の企業を退職した理由を述べることが、転職時の面接でとても重要になってきます。自己分析をして自身をアピールしましょう。

まとめ

新卒から社会人3年目の転職と退職のベストタイミングが何月であるのかをご紹介してきました。企業は、社会人3年目のあなたを待ってます。あなた自身にもしっかりとした強みがあります。自信をもって転職へ向かえますよ。

Return Top