Read Article

転職理由が人間関係は多い!面接にノンストレスで臨める回答例を例文で紹介

転職理由が人間関係は多い!面接にノンストレスで臨める回答例を例文で紹介

転職理由が人間関係だという人はとても多く、転職面接での回答の仕方について悩んでいる人が多いのが現実です。

ただ、人間関係が原因で辞めることを正直に話せば、面接ではマイナスの印象を与える確率が高くなります。こういったとき、嘘はつかずにポジティブな理由で転職する旨を伝えたいと思うのは当たり前の心理です。

引け目やストレスを感じることなく、できるだけ良い印象が与えられる回答例を例文でみていきましょう。

~転職理由が人間関係でも、正直に言ってはならない~

転職理由が人間関係だという人は、実はとても多いのです。

ただ、前述でも書いたように、転職の理由が原因であることを伝えると、100%に近い確率でマイナスイメージがつきます。

では、転職理由には嘘をこじつける必要があるのでしょうか?

いいえ、ありません。

転職面接を受ける上で、嘘をつくことはマイナスになります。

例え面接に合格したとしても、入社したあとの上司や同僚との会話の中で、退職理由などを口にしてしまうこともあるでしょう。そんなとき、嘘をついて面接を受けた自分を責めることにもつながるからです。

では、嘘をつかず、できるだけポジティブな回答例ができるよう、前職の業務形態を思い起こしてみましょう。

事務職や営業などは、各個人がそれぞれの仕事を淡々とこなすことも多いため、下記のような回答もポジティブな印象を与えるひつの例と言えるでしょう。

回答例(例文)

「前職では、個々がそれぞれに業務を担当することが多かったため、チームで成果を上げていくといった機会がありませんでした。私は、チームで連携をし、チームワークによる成果を上げたいと考えているため、チームでの商品開発やマーケテングをおこなう御社の業務体制を知り、転職を決意いたしました」

また、下記のように、あなたが「どうしてその企業を選んだのか」を転職理由としても良いでしょう。

回答例(例文)

「前職ではクレーム処理業務をおこなっていました。そのとき、お客様の意見や気持ちに寄り添いながらクレームの原因を追究し、解決していく中で、よりお客様と密接にかかわることや、商品開発への興味がわき、転職を考えるきっかけとなりました。前職の経験を生かしながら、お客様の意見やアイデアを商品に取り入れシェアを拡大している御社でチャレンジしてみたいと思っております」

前職の退職理由は必ずと言って聞かれますが、視点を変えて回答することで、嘘をつかずにポジティブな回答をすることができるのです。

上記の回答例(例文)を参考にしながら、ノンストレスで転職面接に臨めるよう工夫してみましょう。

まだ不安が残るという方のために、人間関係が原因で転職面接を受ける際にポジティブに話す理由や、ポジティブに話せる方法について、下記にもう少し詳しく掘り下げてみました。

~退職理由をポジティブに話す理由と、ポジティブに話せる方法を知る~

転職面接の際、面接官は、あなたが答えた退職理由を元に、あなたのコミュニケーション能力や組織対応力、ストレス耐性などをチェックしていきます。

キャリアプランなどについてもチェックを受けるでしょう。

「人間関係がうまくいかずに退職した」と回答を受けると、面接官にとって、

  • 「すぐに人間関係が…」と言いだしそう
  • この人自身が原因なのでは?
  • ストレスに弱そう

など、ネガティブな方向への判断材料となる可能性が高くなります。

つまり、正直に話したことで転職面接が失敗する確率が高くなるのです。

そのため、面接官に前職の退職理由などを聞かれた場合には、できるだけポジティブに話す必要があります。そのときの考え方について説明しますので、面接前に回答例を例文で作成し、記憶しておくのも良いでしょう。

また、退職理由を聞かれたときは、焦りは禁物です。今までの表情を崩すことなく、にこやかで真剣な顔つきで返答するようにしましょう。

転職理由をポジティブに話すためには、

  • 「人間関係が嫌だったから辞めた」 → 「〇〇を実現するために退職しました」
  • 「人間関係が悪くて辞めた」 → 「個々で競い合うのではなく、周囲の人たちと協力し合いながら成果をあげたいと考えはじめたとき、チームでの活動や業務をメインでおこなう御社の理念や経営方針に共感をおぼえたことが転職のきっかけとなりました。今までの経験やスキルをぜひ御社で生かしたいと思っております」

というように変更していきます。

嘘をつくのではなく、視点を変えることがポイントです。

「人間関係が悪いと感じた」ということは、あなた自身は、「周囲の人たちと協力して業務をおこないたかった」ということになりますから、そういったことが伝わるような例文を作成してみましょう。

作成した回答例に自信がない場合は、職業安定所や転職エージェントなど、無料で面接の受け応えをチェックしてくれる機関を探してみるのも良いでしょう。

希望していた企業以外にも、良い求人が見つかる可能性もありますよ。

~まとめ~

転職理由について、人間関係などのネガティブな理由をそのまま話すのではなく、視点を変えてポジティブな理由へ変更してみましょう。

ネガティブな言葉や説明は、ネガティブなまま相手に伝わります。

人間関係が退職理由である場合だけにとどまらず、できる限りポジティブな視点で自身を評価し、転職に前向きであることやヤル気があることを伝えることが面接をクリアする重要なポイントなのです。

Return Top