Read Article

将来性を上げて転職でスキルアップ!面接対策と例文や書き方とは?

将来性を上げて転職でスキルアップ!面接対策と例文や書き方とは?

転職を考えている方は、面接対策をしていますか?面接は、必ず転職時には付き物です。そもそもまだ転職するべきか悩んでいる、という方も、面接時に使用する例文や書き方を知っておくことで、自身の将来性を上げてスキルアップすることが出来ますよ!

将来性を考えて転職すべき?現職のまま?

ある程度慣れてきた仕事。でも、ほんとうに今のままの職場でいいのか、ここで、もしかしたら転職するべきなのかともしれない、など、仕事に関する悩みは尽きないものですよね。

実は、転職について悩んでいるのは、あなた1人だけではありません。転職したいと思う、理由は人それぞれなのですが、

  1. 給料が少ないという不満がある、現状の給料だと金銭的に満足出来ない
  2. 職場での自身の将来性を考えると、転職をした方がいいのかなと不安になる
  3. 人間関係がどうも上手くいかない
  4. 福利厚生部分に不満を感じている

などの主に4つの理由で、転職を考える方が多くいらっしゃいます。

転職先で上手くいくのか、将来性のある会社にいけるのか、現状より職場環境が良くなり自身のスキルアップが出来るのか、そもそも就職活動が上手くいくのかどうか、など、不安は尽きないものですよね。

そんな転職するべきかどうかを悩んでいらっしゃる方々に、転職についての対策の方法を、こっそりお教えいたします。

転職するかどうかを決意しているのはどんな人?

さまざまな転職に対する不安がある中で、転職するべきかどうかを決める、大きなポイントとして、

「自身の転職したいと思う理由を、冷静に見つめ直す」

ことです。

なぜなら、一時的な感情などで転職を決めてしまっては、決して元に戻るものではないからです。感情的になって転職を決意するよりも、自身が転職をしたい理由をあくまで冷静に、紙などに書き出してみることも良い方法です。

とはいえ、やはり転職するかどうかは、簡単に決意出来るものでもないですよね。もう1つ、転職するべきかどうかについて決定する、秘密の方法があるので、転職活動で必須の面接の対策についてもご一緒に紹介していきます。

転職活動を通して転職するか決断をする

実は、転職するかどうか悩んでいらっしゃる方は、試しに転職活動を始めてみる、というのも1つの方法なのです。転職活動をしているからといって、必ずしも転職しないといけない、という訳ではないのです。

就職活動をすることで、転職に対する、2つのメリットを得ることが可能となります。

メリット1:気持ちの再確認

1つめのメリットは、転職活動を通じて、自身の今の職場に対する気持ちを再認識することが出来る、という点です。

そのときのあなたの感じ方によりますが、今の職場の良い点がより見えてきたり、やはり転職しようと強く決意することが出来たり、いま転職で悩んでいる日々の現状を、必ず変えてくれる大きなきっかけとなることでしょう。

メリット2:理想の企業を見つける

2つめのメリットは、本当に転職したい企業に出会えるかもしれない、という点です。たくさんの企業がある中で、実際に転職活動をしてみないと、自身が働きたいと思う会社に、出会うことは出来ません。

転職活動という行動を起こしてこそ、自身の気持ちを確かめることが出来、将来性が見えてきたり、素敵な企業との出会いがあるのです。転職活動をしてから、転職するかどうかを決める、ということも、あっても良いのです!

では、さっそく、転職活動を始めていくのですが、転職活動の最初の取り組みとして、履歴書を書くことから始まります。つぎに、履歴書の書類選考が通れば、面接、という流れになります。

履歴書の書き方や例文の対策、面接対策などをしっかりとしておくことが必要となりますが、少しのポイントと対策をしておくだけで、どちらも通過することが可能となりますよ。

履歴書の書き方や面接対策とは?

履歴書で1番重要になってくるのが、転職の志望動機です。この志望動機は、履歴書だけではなく、次のステップである、面接でも必ず聞かれる項目となるので、対策しておきたいポイントとなります。

前職で活かしていた自身の経験や強み、転職希望の企業へ感じている自身の熱意や思いを、しっかりと伝えることを意識して、志望動機を完成させましょう。

効果的な例文としては、以下の通りです。

「貴社の○○という、他社にはない事業内容のコンセプトに大変魅力を感じ、私も貴社の一員となって仕事をしてみたいと思い」志望しました。

「貴社の○○という取り組みは、私の○○という前職での経験を十分生かせると感じ」志望しました。

○○に入る部分は、その企業の特徴などをホームページやパンフレットなどで良く研究して、自分なりの言葉で当てはめることが、書き方の重要なポイントとなります。

なぜなら、企業は、どこの企業にでも使っているような、いわば、「使い回し」や「ありきたり」のような、言葉使いの志望動機である履歴書では、目を止めてくれるということがめったにないからです。

自身が感じる、転職したいと思える企業の魅力的な点を、自身の言葉で、履歴書と面接時にいかに伝えることが出来るのかどうか、というところが、1番の対策方法となります。

まとめ

転職を決意する方法や、自身のスキルアップに繋げていただくための面接対策、履歴書の例文、書き方などを順番にご紹介してきました。転職は決断力が必要です。自身の将来性を良く考えてスキルアップを目指してくださいね

Return Top