Read Article

【転職のプロが語る】面接での合格のサインはあるの? 一次面接で不合格フラグが立つ雰囲気は?

【転職のプロが語る】面接での合格のサインはあるの? 一次面接で不合格フラグが立つ雰囲気は?

転職面接を受けたあと、いち早く合格のサインを知ることができれば、転職後の準備に充てる時間が増え、不合格フラグが立つような雰囲気を感じ取ることができれば、早めに別企業の面接にチャレンジできます。もちろん、一つの企業に集中することも大切ですが、転職活動は人生においても重要なトランジションになるため、最終的には最善の選択をする必要があります。

そのためには、まずは、様々な選択肢を知ること。そして、面接の手応えを把握しておくことです。実際、このような予見は可能なのでしょうか?

転職面接の会場で既に合格サインが出ている場合

面接のあと、選考の合否が気になって仕方ない方も多いと思います。

はっきりとした合否は、やはり選考後でなければ分かりませんが、転職後の準備のことも考慮し、「合格の確率が高いよ」とサインを出してくれる面接官もいます。

では、どのようなことがあれば、合格のサインだと受け取れるのでしょうか?

  • 入社後のことについて明確に説明があった
  • 最短入社可能日を聞かれた
  • 面接時間が長かった(目安は30分以上)
  • 入社するメリットや自社の魅力について説明があった
  • 業務内容や配属先に関する説明があった
  • スタッフや上司の紹介があった

などなど、合格のサインだと感じられる場面は意外に多いようですが、具体的な入社可能日を聞かれたり、スタッフや上司の紹介があった場合には、かなりの確率で合格に近いと言えるでしょう。

自分では合格サインだと感じても、実は違っている場合も多いようです。勘違いしやすいのは、「良い雰囲気で面接を終えた」と感じた場合が多いでしょう。

面接官があなたの話をじっくりと聞いてくれたり、仕事以外の質問を投げかけてくれると、良い雰囲気だったと感じるものです。ただ、それが、合格のサインだとは限りません。

以下、3点について振り返ってみてください。

  1. 説明や回答をおこなうとき、面接官が質問をする隙はありましたか?
  2. 業務内容の話は少なく、あなたの趣味や感心事を中心ではなかったですか?
  3. 面接官の反応は良かったですか?

上記を参考に、やはり合格サインだと感じた場合には、転職後に備え、気持ちの準備やスケジュール調整をしておくと良いでしょう。ただし、本当の合否は、選考後でなければ分かりません。



落とされた… ?! 不合格フラグの立つ会場雰囲気や面接官のサインが知りたい

転職面接で、「落とされた…」と、不合格フラグが立つこともあると思います。

では、実際には、どういった会場雰囲気や面接官のサインが出ていれば、不合格だと受け取った方が良いのでしょうか?

  • 面接時間が短かった(5分~15分程度が目安)
  • 面接官がそっけなかった、退屈そうだった
  • アピールした経験やスキル、内容などを大幅に否定された
  • 採用結果の通知日についての案内がなかった、曖昧だった
  • 具体的な業務についての話がなく、あなたの趣味や感心事中心だった
  • 雑談が多かった
  • 面接官の見送りがなかった、見送りが丁寧でなかった
  • 最後にアピールしたいことはないか尋ねられた
  • 面接官が質問してくれない

上記のようなことがあれば、不合格に近いサインだと捉えた方が無難です。

最後にアピールしたことがないか尋ねられたときには、今までの受け応えやアピール内容では採用される確率が低いと考えてください。また、最後のチャンスだと考え、転職先企業に貢献できるであろう、自身の経験やスキルについて具体的にアピールしましょう。

具体的にアピールするためには、数字をいれたり、具体的な資格名などを入れると有効です。この最後のアピールで面接官の心を打つことができれば、合格への確率が上がるかもしれません。

合わせて読みたい記事→【キャリコンが語る】やっぱりユニクロ!?転職の面接での女性の服装&インナーを教えて! 

一次面接での特有の合否サインを知りたい

一次面接における合格のサインや不合格サインなどに大きな違いはありません。

ただ、一次面接の場合、

  • 次の面接の日程について案内があった
  • 近日中のスケジュールについて確認があった

といった場合には合格のサインである可能性が高く、

  • 次の面接の日程について案内がなかった
  • 次の面接の日程について尋ねたが曖昧な返事しかなかた

といった場合には、不合格のサインである可能性が高くなります。

不合格サインだと感じたら…

合格サインや不合格サインについて知ることも大切ですが、結局のところ、選考の合否が出るまで合格なのか不合格なのかは分かりません。

ただ、落とされたと感じたり、不合格フラグが立つような面接官の対応や会場雰囲気に当てはまった場合、まずは下記の事柄を中心に見直してみましょう。

  • 名刺をもらったとき、企業名やロゴ、担当者氏名の上に指を置いていなかったか
  • 名刺をよく見ずにしまっていなかったか
  • 自己紹介で仕事以外の、趣味や感心事を盛り込んでいないか
  • 職務経験やスキルのアピールをするとき、長々とスピーチしていないか
  • 自身の職務経験やスキルを転職先でどのように生かすことができるか、具体的にPRできたか
  • 面接官が口を開いたとき、面接官の目をしっかりと見て話をきくことができたか
  • 面接前の説明会で聞いた内容や面接時に面接官が説明してくれた事柄について質問していないか

上記はどれも基本的なことになりますが、次の転職面接までに見直しをすることによって、合格率はグンとアップするでしょう。

今度は合格サインをもらえるといいですね。

合わせて読みたい記事→【転職のプロが語る】入社日を延期したい・・理由によっては絶対NG !! ピンチ回避の調整法

Return Top