Read Article

【キャリコンが語る】面接では何を聞かれる?質問例や回答例、自己紹介の流れをお伝えします

【キャリコンが語る】面接では何を聞かれる?質問例や回答例、自己紹介の流れをお伝えします

初めての転職活動の場合や、畑違いの企業への転職を希望する場合、企業側がどのような質問をしてくるのか気になりますね。

転職面接で聞かれやすいことや、回答例、転職面接では最も重要なキーのひとつともいえる自己紹介の流れについても見ていきましょう。

面接開始すぐに聞かれやすいことって何?

面接が始まってすぐは、

  • あなた自身のこと(自己紹介含む)
  • 職務経験やスキル
  • 前職の退職理由
  • 志望理由、意気込み

について聞かれることが多いようです。

自己紹介の回答例やNG例、ポイントは?

面接官もあなたとは初対面であり、あなた自身のことをよく知りません。そのため、第一印象や雰囲気、話し方、表情、そして話す内容から、あなたという人物を判断していきます。

だからといって、自己紹介のときに趣味や感心事など幅広く話すのはNGです。

スキルや経歴についても、長々と話すことは控え、簡潔にまとめましょう。

-自己紹介の回答例-

「〇〇〇〇(氏名)と申します。

前職では、業務用備品の営業職として、マットや空気清浄器など幅広い商品を、お客様の業務内容や会社規模に合わせて提案、アフターフォローまで行ってまいりました。社内での営業成績は3年連続トップで、系列店全体での営業成績を称える授与式でも何度も特別賞をいただきました。

今後は、前職の営業のノウハウを生かしながら、より幅広い商品を扱い、グローバル展開を目前に控えた御社で挑戦していきたいと思い応募させていただきました。

本日はどうぞよろしくお願い致します」

自己紹介をするときのポイント

  • 氏名は冒頭で名乗る
  • 前職でどのようなことをしていたか話す
  • 受賞歴や活躍などあれば盛り込む
  • 転職後の意気込みやヤル気を伝える
  • 仕事に関すること以外は話さない
  • 「本日はどうぞよろしくお願い致します」といった言葉を入れる
  • 簡潔にまとめる

職務経歴やスキルについての回答例やNG例、ポイントは?

面接官はあなたの回答を元に、前職までの経験やスキルを、どのように自社で生かすことができるのかを判断していきます。

ただ、過去の活躍をひとつでも多く知ってもらおうと長々とPRすることはNGです。

事前に、前職までの経験やスキルを転職先の企業でどのように生かすことができるのか、まとめておきましょう。

-経験やスキルに関する回答例-

「私は、一社目ではTOEIC900点の語学力を生かし、海外のクライアントの交渉や資料作成などを担い、2社目では営業として、商品提案からアフターフォローまでの一連の流れを担ってまいりました。自己紹介でも少しお話させていただきましたが、営業の成績は社内では3年連続トップで、系列店全体での営業成績を称える授与式でも何度も特別賞をいただきました。また、3年間で営業収益を30%引き上げました。

私の強みは語学力と営業力、だと思っております。

法人向けの幅広い商品を扱い、グローバル展開目前の御社で、私の強みを生かしていきたいと考えております」

職務経歴やスキルについて回答するときのポイント

  • 職務経歴やスキルが具体的に伝わるよう、年数や数字を入れる
  • 前職でどのようなことを担っていたのか説明する
  • 自己紹介の内容と被っても、アピールしたい部分は少し言い方を変えてもう一度伝える
  • 転職先の企業で生かせそうな自分の強みを伝える

前職の退職理由について聞かれることも多いですが、この場合、「人間関係」「単調な仕事」「〇〇が嫌だった」「給料が安かった」といった回答はNGです。

「〇〇がしたいと感じたから転職を希望している」ということが伝わるように話しましょう。

-回答例-

「前職の営業でお客様の笑顔や感謝の言葉に触れ、日本の製品の良さについてあらためて実感しました。そして、自らの手で海外に日本の製品を届けたいと思うようになったことが転職のキッカケになりました。

グローバル展開後は、即戦力になれるよう、語学力や営業力をより磨きたいと考えております」転職面接だから難しい?面接半ば高確率で聞かれる長所や短所、キャリアプランの回答例は?

面接官は、あなたの長所や短所が業務に影響を与えることがないか、また、支障をきたす確率についても吟味しています。短所は「飽きっぽい」「短気」など、業務を放り出しそうな印象や、既存の社員との人間関係に不安の種をまくような内容、「短所がない」と回答するのもNGです。

-回答例-

「私の長所は、立てた目標に向かって粘り強く頑張るところです。何度も訪問した結果、お客様との信頼関係が深まり、大口の契約につながりました。

短所は、集中しすぎてしまうところです。今後は、いま以上に周囲に気を配り、常に周囲の状況を把握し、よりスムーズな業務が行えるよう対応していきたいと思っております」

キャリアプランについても聞かれることが多いため、躊躇することなくスピーチできるよう練習しておきましょう。

しっかりとしたビジョンを伝えることで、「多少嫌なことがあっても頑張るだろう」という印象を与えます。ただ、実現不可能なキャリアプランや転職先の企業と関わりのない事柄を挙げるのはNGです。

-回答例-

「語学力と前職での営業ノウハウを生かし、将来的には海外で人材育成に関わるマネジメント業務に携わりたいと考えております。

御社ではグローバル展開後、海外での人材育成に関わるマネージャーの育成も行うとHPに記載がありましたので、是非、御社のマネージャー育成研修に参加し、将来的に貢献していければと思っております」

面接終盤での逆質問は最後のPRチャンス!

「他に何か質問はありませんか?」と、面接の終盤に聞かれることがあります。この場合、給料の額や待遇、企業パンフレットやHPに記載のあることを聞くのはNGです。

今後の事業計画や会社の内情について詳しく聞き出そうとする態度もよくありません。

-質問例-

やりがいを感じたこと、嬉しかったことを教えてください

・どのようなスキルを身につければ今後の仕事に役立ちますか?

など、熱意やヤル気が伝わるもの、仕事への積極性が感じられるような質問をしましょう。

Return Top