Read Article

知らないと損する!?転職活動中の企業研究の方法とは?

知らないと損する!?転職活動中の企業研究の方法とは?

転職するときに漠然とはどのへんの企業で働きたいかをイメージはしていると思います。大企業で働きたい!なんていう何も考えていなかった大学時代の新卒採用の時と同じように行動しても良いと思いますか?大学時代なら大学の就職斡旋の担当部署から面接のやり方や良さそうな企業の紹介などを受けるかもしれません。

または、自分でインターネットを使って情報をとってくることもあったでしょう。その時よりも苦労する必要があります。なぜなら自分自身のこれまでの成果を説明しなければならないからです。大学時代のようなボランティアやりました、イベント手伝いました、体育会で部長していました、などの説明は転職するときは役に立つのか考える必要があります。それがなぜ、どのようにして転職先の企業にとってプラスになるのかを説明する必要があります。

企業研究は必要なのか?

面接を受けに来た人が自分たちの会社の情報を知らなかったら企業は採用しますか?しないですよね。企業研究をしない人にそもそも優秀な人がいるとは思えない優秀と言われる人でもそんな人と仕事をしたいと思える?新卒採用とは違って、「わからない」では通用しない新卒採用の面接でさえ、企業情報を知らないとすぐに面接から解放されます。

(悪い意味で・・・)

企業研究をしないで情報を持たずに面接にくる?金やネームバリューが欲しい?仕事の中身を知らないで「この会社で働きたい!」という意味がわからない、と思われます。なぜこの会社なのか、なぜいまの会社をやめたいのか、わからない人を採用しても成果が出せるのか、を企業が判断できないでしょう。新卒採用は人材を育てるために採用活動を行いますが、転職者を採用することは新たな空気を入れて活性化したい、即戦力を採用したい新卒採用よりも良い条件で採用するのに最初から教育するのはコストがかかります。

そんな人のコストは企業としては削減したいですよね。



企業研究方法

企業研究の方法は、

  • 企業パンフレット
  • 企業ウェブサイト
  • 大手の新聞や業界内の新聞
  • 会社概要パンフレット

大企業だけに留まらず、中小企業でも会社パンフレットを出していたりします。会社のウェブサイトからダウンロードできたり、会社紹介の説明会があるときに手に入れられます。会社の経営方針・社長の思い・自社のサービスなど会社概要が網羅されていると思います。デザイナーやコピーライターを雇って見やすく、わかりやすいパンフレットを作っています。

そこに書かれているものでその会社が何をアピールしたいのか、何を見てもらいたいのかを知ることができます。あなたが企業研究をする内容を教えてくれるものです。

会社ウェブサイト

パンフレットは何十ページもの分厚い冊子はあまりないと思います。企業にとっても印刷費や欲しい方への配布方法も方法が難しいです。会社パンフレットをウェブサイトに載せていて、ダウンロードしてもらえるようにしている会社もあるようです。また、ウェブサイトなら会社の各部署の紹介や協力会社のリンクなど、細かい部分まで情報を取ることができます。今時、会社のウェブサイトなしで営業している企業は少ないでしょう。

あなたが情報を取ろうとすればどこまでも検索できます。プリンタがあればあなただけの企業パンフレットが作ることができます。これで企業研究ができるので面接対策は満足できます。また、プレスリリースが出されるときはウェブサイトのトップを見る必要があります。新聞やテレビなどの他のメディアでは見逃していても、企業ウェブサイトを見れば載っています。

ウェブサイトの細部まで変更や追加がなされていない場合、プレスリリースの内容と違っていることがあります。サービスカタログを見ている内容とプレスリリースでの変更を見落とすと、間違った情報だけが頭にインプットされます。面接で古い話をしたらどうなりますかね・・・?

一般の新聞・業界新聞

読売新聞や朝日新聞、各地域の新聞を見ていると会社の情報や新商品情報、役員の変更などが書かれていることがあります。地域に根ざした企業なら地域貢献をアピールしようとするので地域新聞に時々名前が出てきます。これは企業が直近でどのような動きをしているのかが知ることができます。プレスリリースが乗ることもありますので企業研究のために毎日見ることで企業情報を目にするチャンスがあります。

その他、業界新聞が発行されています。建設業界や電機メーカー、部品メーカーなどどの分野でも発行されています。新情報の発表や業界内部の動向が書かれています。建設業界なら、発注情報や新たな材料が載っています。それらを知らなかっただけであなたは企業からの質問にも答えられないですし、逆に企業へ質問して情報収集をしている人だとの印象も与えられません。

まとめ

企業情報を知らない人を雇うコストは企業側には削減すべきものになります。大学生の新規採用とは違い、即戦力や社会人経験をしている方を選びたいはずです。一からマナー研修や接遇研修などもコストになりますので少なくしたいと思っています。それらを判断するために面接の際に自分たちの企業情報を研究してきたかを見れば判断がしやすいと考えます。企業研究をしないで転職採用に挑もうとすることはあなたの転職活動を難しくさせます。

Return Top