Read Article

【転職に行く前のあなたへ】転職の面接。あなたは最低限のマナーを知っていますか?

【転職に行く前のあなたへ】転職の面接。あなたは最低限のマナーを知っていますか?

転職活動を始めているあなたはすでに面接や履歴書を考えていますよね。今の仕事でも入社当時はマナー研修や接遇研修を受けるはずです。転職する際もそのような研修が待っているのでしょうか?転職者について、企業側が考えていることを想像してみてください。

  • 新卒のように研修やビジネスマナー講習は少なく設定している
  • 一から全部教える環境にはない
  • 人材不足を経験者採用で補おう
  • 採用担当者が困ることはすぐに辞められることと現場からクレームがくること

このようにあなたは新卒採用のような環境にはありません。誰にも負けないような経験やスキルを持っている、とあなたが思っていてもその会社に面接に来る人はあなただけですか?もし、あなたがその人と同じような経歴ならどちらを採用するのでしょうか?最低限のマナーが無ければ採用されないはずです。(あなたはそれをも上回るスキルの持ち主ですか?)

まず服装のマナーから確認していきます。

服装で印象は変わる

見た目だけを意識してはいけません転職を考えているあなたなら「メラビアンの法則」を聞いたことがあると思います。インターネット検索で面接について調べていると必ず出てきます。また、面接対策講座や営業セミナー、自己啓発書などでこの解釈について示されます。ただし、この法則は話し手がどちらとも取れるメッセージを送った場合、受けては声の調子や見た目を重視する、ということを言っているに過ぎないのです。

例えば、あなたが面接で迷いながら困った顔で応答していた場合にはどんなに話している内容がその企業のタメになる話でも困った顔や声の調子を重視して判断してしまいます。だからと言って、服装に気を使わなくても良いわけではありません。あなたの周りにはヨレヨレのスーツの人がいませんか?その人と同じ職場で仕事をしたいと思いますか?それでも大丈夫、という人もいますがどちらかわからない現状でリスクを冒す意味がありませんよね。

受付から入室までのマナーはこうなっている

受付前から面接は始まっている当然、遅刻は厳禁です。面接時間に遅刻するなら、仕事の納期も守れないのはないか、との疑念が持たれてしまいます。もし、交通事情で遅れてしまうときには相手方に一報を入れる必要があります。

マイナスになりそうなことでも、ホウレンソウができることでアピールに使うことも悪くないと思います。遅刻を気にして早めに移動するときも、早すぎると相手先の予定もありますので困らせることを考えて近くで待機していることが良いです。

受付での自己紹介は必要か?

受付での対応もチェックされていることがあります。直接は関係なくても、同じ社内で声が聞こえてしまうこともあります。受付では自己紹介をするのか?受付では訪問の趣旨を伝えて担当者に取り次いでもらいます。そのときに注意が必要です。過度な自己紹介は受付の方の時間を奪ってしまいます。

緊張しているでしょうが、その場に合った簡潔に趣旨と自己紹介が必要です。受付の方が面接官ではないという根拠もあなたにはないはずです。

入室までの流れで面接官の印象が変わる

ドアをノックして中から声がかかってから入室します。いきなり入って行ったらまだ机に書類を広げていたら見られたくないものをあなたに見られてしまいます。面接室に入ってから、ドアは後ろ手で閉めたらマナー違反です。ドアに向かって閉めてから面接官に向き直ります。そんな細かいことを見るのか?と疑いますが、いろんな人間がいます。その面接官が細かいことに気を配らない人だとあなたは知っていますか?

面接での自己紹介の流れで何を見るのか?

面接で自己紹介は必ずあります。あなたがどんな経験があるのか?スキルはどんなものなのか?あなたの自己紹介を聞くことで人間関係をどう思っているのかを見ています。すぐに辞められたら採用担当者として困りますし、現場からクレームが来れば担当者の仕事が増えてしまいます。

あなたが人間関係を円滑にできる人なのかをアピールしましょう。面接後の注意点あなたのために時間を割いてくれた面接官や会社の方に感謝の意を見せなければなりません。あなたのスキルや経験なら当然だ、と思っていても時間を割いてくれた方に感謝してください。面接が終わったからといってドアを出たところで大きなため息はやめてください。

受付の方や他の社員の方が見ているかもしれません。または、面接官の方や受付の方が出口まで見送りをしてくれることがあります。会場を後にしてから近隣の駅までは面接中だと思ったほうが良いです。誰がどこで見ているかわかりません。

まとめ

転職だからといって大卒の就活よりもマナーに気を使う必要がないわけではありません。「一般常識のある社会人」として扱われるので新採面接の時よりもマイナス評価に繋がることがあります。入社してからも新卒とは扱いも違うでしょう。新卒社員が研修を受けている間、あなたは経験やスキルから仕事をこなしていきます。一緒に接遇研修を受けさせるためにあなたを採用するわけではないでしょう。

以前の会社でそれらを学んでいると考えるのは自然なことです。マナーがないと人間関係が円滑に行かないです。スキルや経験があっても扱いにくい一般常識のない人とは仕事をしたい、と採用担当者が思うわけがありません。転職面接の際でも失敗しないように最低限のマナーを身につけましょう。失敗すると落ち込みますもんね。

Return Top