Read Article

【キャリコンが語る】転職の面接で失敗しないため・・・質問の対策しよう!

【キャリコンが語る】転職の面接で失敗しないため・・・質問の対策しよう!

既に就職していた会社から何らかの理由で(主に状況をより良くするために)行う転職活動。就活の時ほどの焦りを感じる方は少ないようですが、それでも数をこなして面接を受けているうちに疲れてしまったり、自信を失ってしまったりという方も多いようです。

自信を持ってしっかりと転職活動を乗り切れるように、今回は転職の面接の際によく聞かれる質問と、回答方法をご紹介していきます。

しっかりと事前対策をして、面接に臨みましょう。

転職の面接で失敗しないためには事前準備と対策が必要!

新卒の就職面接でも「よく聞かれる質問」があり、対策したという方もいるかもしれませんが、実は転職の面接でも「よく聞かれる質問」というのがあります。

社会経験を積んでいる分、業務に関連する質問なども飛び出しやすいのが転職の面接ですが、それでも企業側が「個人の価値観」について判断するための質問も、安定してたくさん出てくる傾向にあります。

以下でチェックしていきましょう。

面接の早いタイミングでよく聞かれる質問について

まずは、入室後、早いタイミングで聞かれやすい質問についてです。

自己紹介

「自己紹介をお願いします」といわれると、名乗りの他についつい趣味や特技を語ってしまいそうになりますが、名乗りと、これまでの職務経歴を中心に語るのが良いといわれています。

この質問では、面接官はコミュニケーション能力についてみています。

あまり長々と一方的な語りにならないように注意しましょう。

前職の経験

先に「自己紹介」について質問され「自己紹介」でこれまでの職務経歴について触れた場合は、そちらについてさらに深く切り込んだ質問をされることがあります。

多くの経験を積んでいると、器用な人間というアピールができて武器になりそうですが、むしろ絞り込んで深みを出すほうが印象アップに繋がりやすいです。

自分が経験してきたことの中で、特に応募先企業の特徴と合いそうなものをピックアップし、重点的に触れるようにしましょう。

この質問の回答では、企業側が求める人材かどうかを判断されます。

転職活動を始めた理由

転職活動を始めた理由は大抵の場合「前職より良い待遇を求めて」ですが、こちらについてはあまり正直に伝えすぎても考え物です。

「スキルアップを目指して」

「~を目指して」

といった風に、前向きな内容で回答しましょう。

特に避けたい回答は「人間関係で揉めて」「上司が嫌で」「給与面が不満で」などのマイナスな印象が伴う回答です。

どんな理由だとしても「前向きなニュアンスの回答」を意識しましょう!

志望動機

自身が感じる応募先企業の魅力に重点を置いて回答しましょう。

志望動機は、その場でパッと答えられる方は滅多にいません。面接前に企業研究に取り組み、応募先企業についての情報をしっかりと把握したうえで前向きな内容で回答するようにしましょう!

面接中盤~後半にかけて聞かれやすい質問について

続いては、面接の中盤から後半にかけて登場しやすい質問についてご紹介します。

長所と短所

企業側では自社の社風に適する人物かどうかを判断するためにこの質問を用意していることが多いです。

特に長所については企業の特徴を把握し「求められている人材」をイメージして、回答を用意しておきましょう。長所には実体験も含めると説得力が増します。

短所については、長所にも転じることができそうな内容を挙げて印象アップを目指しましょう。また、短所を改善するために取り組んでいることも併せて伝えるようにするようにしましょう。

採用するメリット

「あなたを採用することでメリットはありますか?」という、なかなか答えづらい質問ですが、転職活動ではよく聞かれる質問です。

イメージとしては自己PRを意識して、目標達成力を中心にアピールするようにすると良いでしょう。「自分の強み」を「企業に活かす」

そのために「このようなことができる」と、伝えるのが無難です。

こちらについては堂々と答えることで信頼できる人材だと思ってもらいやすくなります。

今後のキャリア設計

入社後の目標を考え、目標達成するためには何が必要で、どのような行動を起こさなければいけないか考えましょう。

そして目標と、目標達成までの過程も含めて、面接官に伝えるようにしましょう。

企業側は向上心のある人材を欲しがっているので、向上心についても強調すると深みを出しやすいです。

仕事をするうえで大切にしていること

同じ職場の人間との、コミュニケーション能力や信頼関係の構築能力をみるために用意される質問です。

前向きな内容で回答するのはもちろんですが、実体験も含めて自分自身をアピールするようにしましょう。

「〇〇な経験をしたことで、仕事をするうえで△△は大切だと強く感じるようになりました」など。ただ事実を伝えるよりも、実体験を含めることでより深みが出ます。

転職の面接はしっかり準備して臨もう!

ここまで、面接官からよく聞かれる質問についてご紹介しましたが、企業によっては最後に「何か質問はありますか?」と、逆質問をしてくることがあります。

その際、一切質問したいことがないなら無理に質問しなくても問題ありませんが、逆質問には熱意を伝えるアピール力があります。可能であれば「業務に関係あること」を中心に1つは用意しておくと良いのではないでしょうか。

それから、忘れてはいけないものは「服装」です。身だしなみもしっかり意識して、できれば面接前にお手洗いなどにいき、おかしなところがないかしっかり確認するようにしましょう。

転職の面接はしっかりと回答を準備して臨みましょう!

Return Top