Read Article

【キャリコンが教える】転職を失敗したくないと考えるあなたへ。ミスは行動してから考えなさい。

【キャリコンが教える】転職を失敗したくないと考えるあなたへ。ミスは行動してから考えなさい。

誰しもが、全ての物事に対して失敗を恐れてしまう傾向にあります。それは、転職活動においても同様で失敗を恐れて、行動を起こす前から「失敗したら どうしよう」と考え、何も行動を起こさずに毎日を悶々と過ごしているのです。

まず、初めにお伝えする内容としては、現在の環境に悩んでいるくらいならまずは、行動を起こしてください

では、具体的にどんな行動を起こせば良いのでしょうか?その一つが、「転職活動」です。転職は、現状より良い待遇で仕事をしたり、目標を目指したりするために行うことが多いです。

ただ、転職活動は学生時代の就活と違って、社会人として働きながら行うからこそ失敗してしまいやすいこともあるようです。

今回の記事では、転職活動に失敗する原因になりえることや、失敗しないための方法や「万が一失敗してしまった場合は?」など、押さえておきたいポイントについて詳しく解説していきます。

転職活動は思うように進まないことばかり

転職活動はそもそも思うように進まないことがほとんどです。よく、転職は恋愛に例えられますが、最終的には、企業側とキャンディデイトが両思いにならなければ意味がないのです。

自分に最もマッチする企業を探すのは至難の技です。ましてや、社会人であるので、現職を行いながら転職活動を行なっていかなければなりません。

仕事を持っているので、面接は限られた日にしか対応できないという方が多いですが、それでも応募先の企業からはおかまいなしに曜日を指定されることが多いです。ベンチャー企業の方が、日程の調整に関してはフレキシブルに対応してくれるところが多いですが、大手の場合は中々調整してくれない企業も多々あります。

というのも、企業側も選考を進めているのはあなただけではなく、他の候補者も並行してすすめているのです。そのため、ある程度のスキル・評価基準以上であれば、企業側としても、早く入社できそうな人を優先的に採用しようとします。

皆はこんな失敗をしている①

転職活動における失敗の一番は、面接の日程調整に関することです。上記でも記載しましたが、現職を行なっている人であれば面接の日程調整では苦労するはずです。なぜならば、企業側の活動時間は同時に進行しているからです。面接を受ける企業が就業時間後に面接を対応してくれれば良いですが、中々、対応しづらいものがあります。

ましてや、「働き方改革」が打ち出されている最中、企業側としても残業時間の面接は避けたいところではあります。また、キャンディデイトからの見え方としても「夜10時まで面接を対応してくれる会社」というのは嫌なはずです。これは、転職活動の際は助かる対応かもしれませんが、同様にあなたが入社した際もこの時間までは当たり前に働かなくてはいけないのです。

日程調整の失敗例として、日程調整の過程で企業への志望度を図られる場合があります。私が支援したキャンディデイトで、日中の時間は忙しく中々日程調整が上手くいかない方がいました。1次面接での評価は、非常に高かったのですが、結論としては、最終面接で落ちてしまいました。

ここでの問題点は2つ。

企業側からして、日程調整を中々できないことについて、キャンディデイトの意向の低さと捉えられてしまったことです。どうしても入りたい企業であれば、有給を取得してでも面接を受けるべきだというものでした。

また、もう一つは、「転職活動のスピード感」に問題がありました。先ほどお述べましたが、その企業の同じポジションを受けているのは、あなただけではないのです。同時に、あなた以外のキャンディデイトも受けているのです。その場合、スピード感はかなり重要な問題になります。

1次面接で評価が高かった場合は、なおさらすぐに日程調整をした方がいいでしょう。やはり企業といえど人間が評価しているため、あなたの後から良い方が現れた場合、情報がアップデートされてしまうのです。

これが、転職活動における失敗事例の一つです。

「必ず」転職先の内定が出てから現職を退職しよう

これは徹底してください。

転職活動においては、よっぽどのことがない限り、現職を続けながら行なってください。何故ならば、現職をやめての転職活動としては、前職に何かしらの不満を抱えての転職活動。いわゆるマイナス要因での転職だと感じられてしまいます。転職活動を開始する理由は、前向きな理由だけではなく何かしらの不満を解消するためという場合も多いです。そのような場合では「今すぐにでも退職したい」と考えてしまうかもしれませんが、転職活動は思うように進まないこともあるので、勢い余って退職するのではなく、内定が出てから退職するほうが安心です。

企業側としてもプラスの転職をしようとしている人を採用したいと考えます。

皆はこんな失敗をしている②

他の人の失敗事例としては、現職をやめてしまったことで起こっています。そもそも、書類選考の段階で、現職を退職してしまっているが為に、書類選考不可になってしまう場合があります。事実は違くても、企業側としては、その人がすぐに現実から逃げてしまう人だと判断するのです。

また、企業側が求めている人材は「現状を改革できる人」です。外部要因で問題点があるならば、変えていく人材を求めているのです。そういった点から現職をやめてしまっていることはマイナス評価を受けてしまいます。

また、キャンディデイト個人としての弊害もあります。現職の退職が決まっているが為に、次の転職先を早く決めなければいけないのです。もともと、すぐに決まるだろうと考えていてもなかなか上手くいかず、最終的には妥協して入社してしまう。また、その環境が前職と何も変わらないということがざらにあります。

実際、現在、大手企業にいるからといって、すぐい良い会社が決まる訳ではありません。年齢を重ねれば重ねるほど、スキルを重要視されます。大手企業にある、分業されたうちの一部しか任されていない方であれば、普通に落ちます。その為、どの企業に勤めている方でも現職を行いながらの転職活動が重要なのです。

転職活動に失敗した原因で多いこと

以下では、転職活動で失敗する場合の原因として、よく挙げられる内容をご紹介していきます。

平日に面接時間が確保できない

よくあるのは、応募先の企業から指定された面接日時が平日で、仕事の関係上、面接時間を合わせることができないというものです。

有給や午前休、午後休で対応することが可能な方はその方法で面接に臨むことができますが、それができない状況にある方は、事情を伝えて応募先の企業に相談する必要が出てきます。

転職希望先を選べない

転職サイトを使用してみるとわかりますが、人材募集をかけている企業は大量にあります。目移りしてしまって応募する企業を選べないパターンです。

まずは、気になる企業をリストアップして特徴などを確認し、絞り込むようにしましょう。

面接スケジュール管理の失敗

最近では、転職サイトを利用すればWEB上で比較的簡単に応募することができます。一度にまとめて応募し、まとめて面接に進むことになると、働きながら行う転職活動ではスケジュール管理が難しくなる可能性が出てくるので注意が必要です。

面接予定を入れすぎて各社への対策ができない

なんとか頑張って複数社の面接のスケジュールを調整できたとしても、面接を受ける数が多くて1社1社の企業分析や、対策ができなくて失敗してしまうこともあるようです。

面接では、どの企業でも当てはまるような内容よりも、しっかりと企業を調べて用意した回答のほうが好印象に繋がります。

対策は重要なので、同時期の面接の入れすぎには注意しましょう。

転職先が決まっても後悔する可能性がある要注意ポイント

続いては、内定が出てすぐに承諾した結果、後悔する可能性があることについて、要注意ポイントとしてご紹介していきます。

転職先を早く決めたくても妥協しすぎない

「転職先を早く決めて落ち着きたい」このようなことは誰しもが考えることですが、焦るゆえに決断を早くしすぎないように注意しましょう。焦ると妥協に繋がる可能性があります。

転職活動は現状よりも、より良い毎日を目指して行うものなので、妥協のしすぎで後悔に繋がらないようにしましょう。

転職先の雰囲気に馴染めない

転職先のことをよく知らないまま、内定が嬉しくて承諾した結果、入社してみたら雰囲気に馴染めない可能性はゼロではありません。

対策としてはインターネットで事前に調べておいたり、面接の際に逆質問で社内の雰囲気について確認したりしておきましょう。

雇用条件の確認不足による不満

雇用条件をよく確認していないことも転職後の不満に繋がる可能性があるので、きちんと確認しておくようにしましょう。

転職の失敗を少なくするためにはどうしたらいい?

以下では、転職に関連する失敗のリスクを下げるためにできる対策についてご紹介していきます。

転職エージェントの利用は効率良い転職活動におすすめ!

おすすめなのは「転職エージェント」を利用することです。

希望条件に合う企業をピックアップしてくれて、待遇面でも情報を把握しやすく、転職エージェントによっては様々な相談にも乗ってくれ、転職活動を総合的にサポートしてくれ、効率アップに期待できます。

自力で探すなら情報収集が重要!

転職エージェントを経由せずに自力で応募先企業を探すのであれば、情報収集は重要です。今はインターネットが普及しているので、個人でも情報収集がしやすくなりました。

企業研究もしっかり行うようにしましょう。

転職に失敗したら前職に出戻りすることは可能?

転職に失敗したと感じ「前職に復帰したい・・・」そう考えてしまった際、実際に出戻りすることは可能です。

ただし、出戻り後の雰囲気については以前と同じとは限りません。場合によっては以前より大変に感じてしまうこともあるかもしれません。

一度転職で離れると信用を失っている可能性もあるので、居場所を作り直すのは努力が重要になります。

このようなリスクを下げるためにも、転職に失敗しないように今回ご紹介した内容を中心に対策面を重視しましょう。

上手にスケジュール管理しながら転職活動を進めよう!

転職活動はスケジュール管理と準備が重要です。

しっかり準備、対策を行いながら、素敵な新生活を目指していきましょう!

Return Top