Read Article

【キャリコンの教え】転職する時期(タイミング)は何月が一番おすすめなの?

【キャリコンの教え】転職する時期(タイミング)は何月が一番おすすめなの?

「現職が忙しくて転職活動ができない!」「どのタイミングで動けば良いのか分からない!」など、初めての転職であれば、中々細かいところまでは、分からないですよね。

今回、お伝えする内容は明確に一つです。「ぶっちゃけ何月に転職するのが一番有利なの?」たった、これだけをお伝えしていきます。転職は情報戦です。ぜひ、ここら辺の情報は押さえておきましょう。

一般的な転職ベストタイミングとは

転職するタイミングとしてみるならば、ベストは「4月 or 10月」です。それに伴って、求人が増える時期も明確で4月の転職であれば2月〜3月、10月の転職であれば、7月〜9月です。要は、これだけ押さえておけば大丈夫。あとは、「なぜ」の部分を解説していきます。背景は知っていた方がいいでうからね。

期の変わり目を狙う企業の採用方針

どんな企業でも、「事業計画」と言うものを立てます。これは、大企業・中小企業に限らずです。そして、経営と言うのは基本的に計画に沿って遂行されます。それは、採用面に関しても同じです。「今年度何名採用しなければならないのか?」「今期が終わるまでに何名になっておきたい」などの目標・デッドラインがあります。

そして、期の変わり目と言うのは、自社で採用を強化しているのと一緒で他社も採用を強化しているのです。自社の大切な社員は他社に持ってかれてしまうかもしれません。年度が替わるタイミングでは、区切りがよく退職者が増える傾向にあり、不足した人員を補充しなければならないと考え、採用を強化する傾向にあります。

また、来季に向けての事業計画を設計した際に、現在の人員リソースで賄えない範囲の人材を採用したいと考えるため、期の変わり目と言うのは求人が増加する傾向にあり、転職時期としてはベストタイミングなのです。

採用強化の落とし穴

上をみると、絶対に期の変わり目に転職した方が良いと思いますよね。ただ、そこにも注意は必要です。求人は増えると言うのは一見いいように見えますが、実は「落とし穴」かもしれません。慎重になるべきなのです。求人が増えている背景をみると理解できます。

この時期に増えている求人というのは、いわゆる人員不足での強化の場合が多いのです。ようは、マイナスをプラスにする採用であり、前向きな採用というよりかは現状を打開するための採用。そのため、急募で採用枠を設定しているケースも多く、それが、必ず魅力的な求人・ポジションであるとは限らないのです。

良かれと思って転職したのに、ルーティーンワークばかり、新卒と同じような仕事しかできないというのはよくあるケースです。また、人手が不足しているというのは、労働環境が悪化してしまうことも多いでしょう。ここら辺はしっかりと把握しておく必要があります。

時期によって変わる求められる能力

先ほど、転職しやすい時期というのをお伝えさせて頂きましたが、これは、能力によっても変わってきます。企業が欲しているスキルを持っている方は、どのタイミングでも転職することが可能です。だからこそ市場価値の高いスキルを身につけておくことは非常に重要です。

人員が不足しているということは前提に、求人が出るには背景が2つあります。

  • 現在にない領域に対してチャレンジしてくのに人員が不足している
  • 現在の領域を賄っていくのに人員が不足している

この原則を考えてみると、時期や企業フェーズによって採用したい人間に変化が生まれる事が予想できます。

例えば、4月・10月・1月などキリのいいタイミングの場合は、同業同種で即戦力として見込める人材を企業が求めている事が予想されます。何故ならば、事業計画を立てて企業は新しいチャレンジをしようと考えるからです。期の途中から新しいことを行おうとは中々思いません。

そのため、これまで行ってきた仕事にプラスαでチャレンジしたいと考え転職を考えている方は、期の変わり目での転職をお勧めします。逆にそれ以外の時期に転職しようと考えても、受け入れる企業側もあなたをアサインするポジションがなく不採用になってしまうケースもあるので気をつけましょう。

逆に、上に書いた8月や12月といった競争があまり激しくない時期は、未経験の職種に転職するのに適していると言えます。しかし、これはしっかりとした土台(転職を行うための準備)ができている肩に対して当てはまることになります。

さあ、転職の準備をしましょう

何を隠そう、転職活動では準備が全てです。希望通りの転職をするためには、前もった準備を行っておくことが何よりも大切です。準備については、「もし、あなたが転職をするならば?「モシテン」を見れば転職活動が丸わかり !〜準備編〜」で詳しく解説しております。

言い換えると、転職活動を進めるにあたってのポイントは、「先を見越した準備を行うこと」です。どの企業も採用の枠というのは限られているため、オファーを得るためには他の転職希望者よりも、自分のほうが業績に貢献できると会社にアピールしなければなりません。

そのためには何よりも事前の準備が必要となります。転職活動は「1に準備2に準備3に準備」です。
自分自身のこれまでのキャリアを棚卸しを行い、それを、書類に落とし込み自分自身でアピールを行う。これが転職活動なのです。また、自分自身のことを伝えるだけでなく、企業側・業界のことも知っておく必要があります。

転職はPIC(個人・業界・企業)を理解することです。これらを怠ると他の転職希望者との差別化ができなくなり、思うように転職活動が進まなくなります。こうした準備には思いの外時間がかかる上、転職活動の多くは現職と並行して進めることがになるため、余裕をもって始めることが肝心です。

具体的には、1ヶ月~3ヶ月前から動き始めると良いでしょう。

まとめ

近年はかつてないほどの「売り手市場」です。そのため、業界・職種の垣根を超えた転職が可能です。チャレンジングな状況なのです。企業側としては、売り上げに貢献してくれる人を求めています。

あなたが、どのような貢献がきるのか。それを伝えられるようにしておきましょう。また、本気で自分のキャリアを設計しましょう。転職をすることが全てではありませんが、一つの選択肢として考えましょう。

Return Top