Read Article

【転職のプロが語る】あなたの「短所」はどう伝える?面接で失敗しない”正しい答え方”を伝授!

【転職のプロが語る】あなたの「短所」はどう伝える?面接で失敗しない”正しい答え方”を伝授!

あなたの持っている「短所」というのは普段からあまり表には出したくないことですよね。ましてや、転職での面接では自分自身をアピールしなければならない場、なおさら隠しておきたい事柄だと思います。

ただ、面接でもやはり「あなたの短所」を聞かれる局面は必ず来ます。その際に吃ってしまっては絶対に面接を通過することはできません。ましてや、面接官もあなたに欠点があることぐらいは事前に把握しております。

そのため、短所をきく質問に対して明確な回答をできない人に対しての方が、不信感を覚えます。

今回の記事では、面接で「短所」について聞かれた際の答え方の基本について解説します。

面接では「短所」について聞かれることがある

面接では「長所」や「志望動機」以外に「短所」について聞かれることが少なくありません。

人は自分自身の短所を理解して初めて「改善していくこと」に向き合うことができます。短所を短所だと認識していなければ、改善ということ自体、思い付くことができず成長を自ら止めてしまいます。短所があることが良いか悪いかは置いといて、短所について認識することは決して悪いことではありません。

面接官は、面接を受ける側のことを深く理解するためにも、短所という一見自己PRには繋がらなさそうな質問をぶつけてきます。その点について、頭に入れておくようにしましょう。

「短所」で嘘はつかない

企業にもよりますが、基本的に面接官は面接官に向いていると企業側に判断されたから、その職務に就いています。つまり、人を見る目が優れている人です。そんな面接官を相手に嘘をつき通して好印象を与えるのは、至難の業だといっても過言ではありません。

面接においては、発言の一貫性がないと必ず落ちます。

例えば、あなたの長所では「最後まで諦めない」というところをアピールしているのに、短所では「色んなことに興味が言ってしまう」と言ったとしましょう。

一見、良いようには見えますが、この発言には一貫性がないですよね。嘘をつき通すことと、正直に短所に向き合うことなら、後者の方が好印象を与えやすくて自然です。

採用されたいからと無難な回答はNG

嘘とまではいかなくても、採用されたいあまり無難な回答になりすぎてもあまり良くありません。悪印象とまではいかなくても印象に残らない可能性があります。

内容次第で素直に答えすぎもNG

何を短所と思うかは人それぞれですが、極端に問題があると判断されそうな短所なら素直に答えすぎるのはNGです。

短所について判断に迷ってしまった際には、周りの友人でも、就活生なら学校の関係者にでも「自分自身が思う短所」を話してみて、面接で回答するのにどうか、感想をもらうというのも1つの手です。

どうして面接で「短所」について聞かれるのか

面接で短所について聞かれる理由は以下の通りです。

  • 自分自身を客観視できているか判断するため
  • 募集している部署の業務に適応できるか判断するため
  • 正直さを判断するため

短所について聞く意図が上記全てにまたがっている面接官もいれば、1つだけの面接官もいます。面接官のタイプはどうであれ、上記を念頭に短所について答えるのが無難です。

先ほど、素直に答えすぎてもNGと記載しましたが、逆にあたりさわりのない内容を適当に答えるのも考え物です。面接官は多くの人を見てきているので、嘘はばれやすいです。

あまりに極端な短所は伝えずとも、思いつく短所を正直に。内容によってはオブラートにも包みながら伝えるようにしましょう。



自分の「短所」を見つける方法

短所がどうしても思いつかない場合は、短所を見つける方法を実践していきましょう。

自己分析は今後の社会生活でも大いに役に立ちます。

周りの人にアドバイスをもらう

親、親戚、友達、就活生なら学校の関係者など。短所が思いつかない時は周りに「短所を教えて欲しい」と素直に話してみましょう。

正直、聞きやすい質問ではないと思いますが、周りの人は客観的な意見をくれる可能性が高く、新たな発見に出会えるかもしれません。

先に長所を挙げて導き出す

まずは自分の長所と思われるものを紙に書きだし、把握してみましょう。短所は人によっては長所として捉えられることがありますが、長所も人によっては短所に捉えられることがあります。

客観的に長所を把握することで、時に短所になりえる要素を掴もうとしてみるという方法です。

正直に短所について考えてみる

正直に短所について考えて紙に書き出してみるというのも1つの手です。短所にこだわりすぎると難しくなってしまうかもしれませんが、とりあえずダメだった経験等を思いつくまま書き出してみてください。

短所に向き合うというのは気持ち的には楽しいものではありませんが、短所は気付いて初めて改善することができます。改善すれば長所をさらに伸ばすことができ、自分自身の成長期待できます。

短所に向き合うことは決してマイナスな作業ではありません。

自分についての理解を深めて面接を乗り切ろう!

面接の際、自分のことを面接官に知ってもらうことが非常に重要になります。それにはまず、自分自身が、自分のことを深く理解し、把握していなければなりません。

普通に暮らしているだけだと、意外と自分自身のことを知らないというのは珍しくありません。

好きなものも嫌いなものの、長所も短所も全て含めて現在の自分自身です。理解を深めて、そのうえで魅力がより深く伝わるような内容を意識して、面接に臨みましょう。

短所については実際に面接を受ける前に、必ず回答を準備して練習し、自然に回答できるようにしておきましょう。

Return Top