Read Article

【転職のプロが語る】転職での業界研究とは?方法をお伝えします。

【転職のプロが語る】転職での業界研究とは?方法をお伝えします。

転職活動において、自分を知ること世の中を知ることは非常に重要です。

その中でも、「業界研究」は非常に重要なものになります。後悔した転職活動にならないようにも、自分に合った企業に転職するためにも、しっかりとした業界研究を行うことが必要なのです。

今回は具体的にどのように業界研究を行えばいいのか、やり方・方法をお伝えさせて頂きます。

そもそも業界研究の必要性とは?

何を行うにもそのものの本来の目的を考えることが必ず必要です。その上で、転職活動における業界研究の目的とは一体なんなのでしょうか。

どんな業界があるのかを知る

まず、業界研究の目的としては、どんな業界を知ることにあります。社会に出ていろんな業界の人と関わって仕事をすることが多くなり、どのような業界があるのかをすでに知っているように感じるかもしれませんが、実際調べてみると意外と知らないことも沢山あります。

転職活動における軸を明確化する

業界研究を行うことで、転職活動の軸を明確にすることができます。自己分析においてこれ迄の経験を洗い出し、スキル面で何が強みなのかを把握していると思います。その上で、実際そのスキルを活かし自分自身がどの業界であれば活躍できそうであるのか?などの親和性を見極めるポイントになります。また、そもそも活躍「できる・できない」の軸ではなく「やりたい・やりたくない」の軸で考えた時に、将来の目指す姿に対してどの業界であればそれが達成できるのかを築くことができます。

ビジネスモデルを学ぶことができる

日本の中ではそれぞれの業界によって様々なビジネスモデルが存在します。それらが炒り粉に混じりあい、業界や市場が生まれているのです。ビジネスモデルを学ぶことは転職活動を行う上で非常に重要なことであり、入社後の知識としても役立つものになります。自分が入りたい業界のビジネスモデルを学んでおくことで、未経験の業界に転職したとしてもその業界での立ち位置がわかり方法を理解できるはずです。

このように、転職後にすぐに自走するためにも、業界の理解は十分に深めておかなければなりません。

業界研究のやり方とポイント

業界研究のやり方としては様々なものがあります。実際に自分で足を運ぶものや各媒体から情報を得る方法などがあります。具体的にどんなものがあるのでしょうか。

業界地図

各業界の規模や業界の有名どころとしてどのような企業が存在するのかを把握することができるのが業界地図になります。

業界規模や成長性が記載されており、自分が目指している業界が成長産業か衰退産業かなどを把握することができます。

会社四季報

業界全体の特徴やビジネスモデルを把握することができます。企業の経営状況を把握することのできる数字(売上高・営業利益・自己資本率など)が記載されており、企業としての安定性などを確認することができます。

新聞・業界誌

業界誌など特化したメディアの場合は、その分野の専門家が具体的に記載しているため、最近の動向や今後の動きなどを明確に把握することができます。

企業のIR

上場している企業であれば、有価証券報告書・四半期決算報告書をIR資料として発表しており、こちらを見るのも業界研究の方法の一つです。実際のやり方としては、自分がきになる業界のトップ1〜3番の企業のIR資料を見ることです。

そうすることで、昨年度どのような取り組みをしてきたか、業界としての成長率、課題などを具体的に見ることができます。また、同じ業界の他社比較をすることで、単一的な視点ではなく、多角的な視点で業界研究することができます。

転職イベント

定期的に開催されている、転職イベントに参加して見るのも業界研究の方法の一つです。イベントには、現場の社員などが参加している場合も多く、実際に働いている社員と話すことができます。事前にしっかりと質問を考えていけば、みのある情報を聞くことができるでしょう。ただ、イベントでは、どの企業も基本的には自社を良く見せようとするのが常なので、質問を考えていかないと、あまり良い情報を得ることはできません。

WEB口コミ

転職会議やVORKERSといったWEBメディアには実際に働いたことのある社員からの生の情報がたくさん記載されております。これらを読むことで外からは中々見えない情報を得ることができます。

ただ、基本的にこれら媒体に記載する方の特徴はネガティブな要素があり、書き込むことが多いため、全てを鵜呑みにすべきではありません。火のないところに煙は立たないので、嘘ではありませんが誇張されている可能性があります。そのため、参考程度に把握しておくと良いと思います。

いかがでしょうか。

今回は転職活動における業界研究の方法をお伝えさせていただきました。ぜひ、参考にしてみてください。

Return Top