Read Article

【転職で落ちてしまったあなたへ】落ち込んでばかりではダメ!その打開策を大公開!!

【転職で落ちてしまったあなたへ】落ち込んでばかりではダメ!その打開策を大公開!!

転職者に求められていることを整理して、面接で落ちる原因を探ります。面接対策7選をご紹介します。このポイントをおさえて、転職エージェントと良い関係を築くことができれば面接の途中で落ちるフラグやサインを感じることもありません。転職が成功します。

転職活動をしていると上手くいかないこともありますよね。転職の面接に何回も落ちまくり…落ち込む…さらに面接が通らない…そんなことにもなってしまいます。なぜ、面接に落ちてしまうのか原因を知りたいですね。そんなあなたにだけ面接対策をご紹介します。

転職者に求められていること

まずは、転職者に求められていることを理解しないといけません。転職者に求められていることは主に下記の3つです。

  • 即戦力として活躍してくれる
  • 会社にとって費用対効果が高い活躍をしてくれる
  • 素早く成長してくれる

まず、新卒採用と違って中途採用の場合は、即戦力として活躍してくれるかどうかで判断されます。その傾向は年齢を重ねれば重ねるほど強くなります。前職でどのようなスキルを身につけてきたか、アピールする必要があるでしょう。

また、会社は費用対効果を考えています。会社が支払う報酬よりも活躍してくれる人材か判断されます。転職者としては収入アップをしたいところですが、その分成果を出さないといけないことは肝に銘じておかないといけません。その分、プレッシャーがかかるでしょう。収入アップを望むこともリスクがあります。

最後に、成長スピードですが、早く職場に慣れて活躍して欲しいと思われています。そのような経験談があるといいでしょう。

2回目の転職であった場合、1回目の転職先はすぐに慣れることができたとアピールすることもできます。複数回転職しているとマイナスイメージを持ちがちですが、こういったアピール方法もあります。

面接で落ちる原因

面接で落ちる意外な原因としてSNSが挙げられます。本名でSNSを利用するときは面接官に見られていると考えましょう。面接官の悪口なんてもってのほかです。

それが他社のことであったとしても、印象としては良くありません。採用面接をする場合、毎回応募者の名前を検索するという方もいらっしゃいます。

特にFacebookは本名で利用している方も多いのではないでしょうか。過去の投稿記事も合わせて一度見直してみたほうがいいかもしれません。会社や上司、同僚の悪口を投稿していたらマイナス評価になります。SNSはしっかりチェックされていますよ。

面接対策7選

さて、ここで内定を獲得するための面接対策をご紹介します。

  1. 絶対に内定を獲得する必勝法はないことを理解する
  2. 企業分析をしてプレゼン資料を持参する
  3. 転職をすることになったポジティブな話を準備しておく
  4. ゆっくり落ち着いて笑顔で対応する
  5. 鏡を見て、面接練習をする
  6. 身振り手振りで伝えようとする
  7. 自己紹介・自己PR・最後の質問は事前に考えておく

いきなり、拍子抜けするかもしれませんが、絶対に内定を獲得する必勝法はないことを理解しましょう。面接官との相性もあります。会社によって採用基準が異なります。

必勝法はありません。つまり、自分の軸を持つことが重要なのです。自分の軸に合う会社は必ずあるはずです。その会社を選びましょう。

また、面接にルールはありません。特に中途採用では、スキルをアピールする必要があります。プレゼン資料を持参することもルール違反ではありません。しかし、会社によっては軽く触るだけで効果がないところもあるでしょう。挫けず継続することも重要です。

そして、転職することになったポジティブな話は準備しておきましょう。あくまでも前向きな理由で転職していることを伝えるのです。スキルアップやスキルの幅を広げたいなどが好ましいです。

面接は入室した3秒で判断されるとも言われるほど第一印象がカギを握ります。仕事ができる上司や先輩をイメージしてください。落ち着いていて頼れる感じがしませんか。そのオーラを面接で放つことができたら成功です。

鏡を見て、面接練習することは必要です。からだが傾いていたり、鼻を触る癖があったりするかもしれません。スマホで動画撮影しても良いですね。話している自分の姿を客観的にみてみましょう。

日本人は身振り手振りが少ないと言われています。熱心に身振り手振りで伝えましょう。熱心な想いは伝わるものです。どのようにしたら良いかわからなければ、欧米人のプレゼンテーションを参考にしたら良いでしょう。YouTubeですぐに閲覧することができます。

自己紹介・自己PR・最後の質問は必ず聞かれるため、事前に考えておきましょう。特に最後の質問で印象に残ることを言えたら良いですね。最後の印象は残りやすいです。会社のホームページやIR情報を閲覧して考えておきましょう。

転職エージェントを100%活用する方法

複数の転職エージェントに登録すると良いでしょう。なぜなら、転職エージェントによって保有している求人が異なるためです。そして、転職エージェントのコンサルタントをやる気にさせることがコツになります。

転職エージェントと良い関係を築けていますか。コンサルタントをやる気にさせるためには3つのポイントがあります。

  • 「とりあえず話だけ聞きに来ました」と言わない
  • 経歴やスキルに嘘をつかない
  • 連絡なく面談に遅刻をしない

常識的に考えてそうですよね。自分がコンサルタントだったらと想定して接しましょう。お客様思考ではよくありません。転職エージェントとより良い関係を築くことが転職成功のコツになります。

まとめ

転職面接に落ちてしまい、どうしようかと悩んでいるのならば、心機一転新たな転職エージェントに登録する方法もあります。そのときは、コンサルタントをやる気にさせるようにポイントをおさえましょう。転職エージェントと二人三脚で転職成功を掴みましょう。

Return Top