Read Article

【キャリコンが語る】転職では平日に面接を設定しなきゃいけない!?悩めるあなたへ解決策をお伝えします

【キャリコンが語る】転職では平日に面接を設定しなきゃいけない!?悩めるあなたへ解決策をお伝えします

在職中の転職活動では、転職の面接に行きたいけれど、平日は忙しく時間が取れないという方もいらっしゃるでしょう。面接を受けに行くための日程調整の仕方や、時間のつくり方を紹介しています。さまざまな方法がありますので、適した方法をお選びください。

在職中に転職活動をしていると面接の日程調整が難しいですよね。仕事が定時に終わることなんてめずらしい方も多いのではないでしょうか。転職の面接に行きたいけど、平日は忙しくて時間が取れない方はどうやって転職活動をしているのか、その方法をご紹介します。

面接日時を調整してもらう

まずは、転職エージェントに相談して面接日時の調整をしてもらいましょう。例えば、平日20時開始の時間帯にしてもらい、移動時間を考慮して19時に退社できるように業務を調整すると面接を受けられるのではないでしょうか。

あまり遅い時間帯だと面接官に迷惑をかけてしまうので、遅くとも20時開始が一般的だと思われます。

他には、面接を土日に設定してもらうという方法もあります。これは、対応してくださる会社とそうでない会社があります。基本的には土日祝日は休日の会社が多いですからね。どこまでこちらに合わせてくださるかは相談してみないと分かりかねます。

有給休暇を取得して面接を受ける

こちら側から調整して合わせるほうが好ましいでしょう。有給休暇を取得して面接を受けに行くことができます。

仮に仕事が忙しければ、役所に用事があるなどと理由をつけて半休を取得すると良いでしょう。嘘をつくことに抵抗があるかもしれませんが、「転職の面接を受けに行くので半休を取得したいです。」と正直に申し出ることより適切だと思われます。

もし、有給休暇を取得できるような職場でなければ仮病を使うしか方法がないかもしれません。なるべくこの方法は使いたくありませんが、取得できるはずの有給休暇を取得させてもらえないのならば、仕方ないかもしれません。しかし、面接を受けに行くときは同僚に会わないように気をつけましょう。

面接を受けるための必殺技3選

どうしても面接を受けられないときの必殺技をご紹介します。

  • 直帰アポイントメントを入れてその後に面接を受ける
  • 出張の予定を1日長く見積もって面接を受ける
  • 営業に出かけるフリをして面接を受ける

営業の方だとこの方法をとることもできますね。直帰アポイントメントを入れてその後に面接を受けることはよくあることだそうです。クライアントとの会議をちょうど良い時間帯に設定するのも会社員として上手く立ち振る舞うコツかもしれません。

出張の予定を1日長く見積もるのは、バレてしまう可能性もあるので、ベテラン会社員におすすめしたい方法ですね。器用な方なら、上手く調整できることでしょう。

営業に出かけるフリをして別のところに行くことは意外とよくある話だそうですね。営業の方はカフェで休憩したり、ネットカフェで仮眠をとったりするようです。それをしているのならば1時間の面接も受けることができるでしょう。

在職中の職場と面接場所が近い場合

在職中の職場と面接場所が近い場合は下記のような方法があります。

  • 面接時間を昼休みの時間帯に設定して昼食抜きで面接を受ける
  • 時差出勤を利用して朝イチで面接を受ける

少し大変かもしれませんか、業務に支障をきたすことはありません。懸念点は慌ただしいなか面接を受けることになることです。面接を受ける前には最低限身だしなみのチェックをしましょう。

できればトイレに寄って全身鏡で服装の乱れがないかチェックすると良いでしょう。ネクタイが曲がっているだけでも印象は良くないです。髪型も清潔に整えて、好印象を与えるようにしましょう。

そして、時差出勤を認めている会社ならば、ぜひその制度を活用しましょう。転職エージェントに相談すれば朝の9時から面接を開始してくださるかもしれません。その場合は、「朝早い時間帯から無理を申しまして、申し訳ございません。誠にありがとうございます。」と面接が始まるときに一言添えましょう。

まとめ

最も一般的な方法が、面接時間を調整してもらうことでしょうか。転職エージョントとも上手くコミュニケーションをとっておく必要があります。

しかし、最終面接にもなると面接官は社長や役員であることも少なくないためこちらから日程調整する必要があります。有給休暇を取得すると落ち着いて面接を受けることができるでしょう。

有給休暇を取得できる雰囲気でなければ、仮病を使うしか方法がないかもしれません。心苦しいですが、どうしようもありません。在職している同僚と会わないように注意しないといけないですね。

Return Top